大塚商会と日立ビジネス、在宅勤務の支援ソリューションで協業 | RBB TODAY

大塚商会と日立ビジネス、在宅勤務の支援ソリューションで協業

 大塚商会と日立ビジネスソリューションは11日、USB認証キーを利用することで簡単かつセキュアに社外での業務を可能とする、在宅勤務支援ソリューションの提供で協業することを発表した。

エンタープライズ その他
サービス概要図
  • サービス概要図
 大塚商会と日立ビジネスソリューションは11日、USB認証キーを利用することで簡単かつセキュアに社外での業務を可能とする、在宅勤務支援ソリューションの提供で協業することを発表した。

 大塚商会と日立ビジネスは、社外から直結通信回線を使っているかのように、社内の自席PCに接続・操作ができる「オフィストンネリングキット」を共同で企画・開発、2010年3月15日より大塚商会が販売を開始する。本キットは日立ビジネスの「DoMobileASPサービス」を活用し、専用USB認証キー、vProPC起動用サーバ、vPro搭載推奨PC 、PCの遠隔起動に必要な設定、リモートアクセス年間利用料金をセットにしたものとなる。リモートアクセスの年間利用料金は、社外から接続するPC1台あたり年額18,000円(税別)、初期費用含め740,000円(税別)から利用可能。

 顧客は、専用USB認証キーをインターネットに接続されたPCに挿し込むだけでセキュリティを確保した状態で自席PCの電源ONからリモートコントロールまで行うことができ、簡単に会社の自席PCを社外から利用することができる。また、外出先での作業はすべて自席PCのアプリケーションとデータを利用するため、社内データは持ち歩かないで済み、操作の簡易化、自動接続による素早いアクセスで外出先などでの業務効率の改善を図ることができる。また、インフルエンザ・パンデミックなどに対応する事業継続対策としても利用できるという。さらに、インテル社がビジネス向けPCに搭載したvProテクノロジーを活用することで、省電力かつ遠隔からの電源ON/OFFに加え、フリーズ時の再起動までの電源制御も可能となるとのこと。大塚商会では、顧客の要望に応じてインテルvProテクノロジー搭載推奨PCも提供する。

 外出先から社内PCにアクセスする場合、既存のネットワーク構成や不正アクセス防止などが重要となる。「オフィストンネリングキット」で利用する日立ビジネスの「DoMobileASPサービス」は、既存のネットワーク構成を変更せずに導入が可能で、VPNなどの管理が不要だ。また、なりすましによる不正アクセスを防止するために、各種認証情報に加えクライアントデジタル証明書の認証を行う必要があるが、これらを専用USB認証キーに入れ操作を簡易化している。

 「オフィストンネリングキット」は、「DoMobileASPサービス」、専用USB認証キー、自席PC設定作業(10台まで)、vPro搭載推奨PC、vProPC起動用サーバ(NEC NS28P)、設置作業で構成されている。ASPサービス年額利用料はPC1台あたり年額18,000円(税別)、初期費用として、DoMobileASPサービス登録費用が10,000円、USB認証キーが15,000円/1ユーザ、自席PC設定作業(10台まで)が150,000円(11台目以降は5,000円/台で追加)、vPro起動用サーバ(NEC NS28P)が198,000円/台、起動用サーバ設置作業が50,000円/台、vPro搭載推奨PCが299,000円/台(すべて税別)となっている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top