バッファロー、内蔵HDDからOSやデータ、環境設定などを移行できる内蔵用SSD | RBB TODAY

バッファロー、内蔵HDDからOSやデータ、環境設定などを移行できる内蔵用SSD

IT・デジタル ノートPC
SHD-NSUMシリーズ
  • SHD-NSUMシリーズ
  • 利用イメージ
 バッファローは18日、USBポートを搭載した2.5型SATA II対応の内蔵用SSD「SHD-NSUMシリーズ」3製品を発表。9月下旬より販売する。価格は、120Gの「SHD-NSUM120G」が48,000円、60GBの「同NSUM60G」が32,000円、30GBの「同NSUM30G」が16,000円。

 同製品は、内蔵HDDからOSやアプリケーション、データ、環境設定などを移行できる内蔵用SSD。添付の引越しソフト「Acronis Migrate Easy」を利用することでUSB接続で実行でき、SATAインターフェースに対応する。利用しやすいように「かんたんセットアップ」ツールを添付している。

 SSDはフラッシュメモリを用いているため、HDDのようなモーター作動音やディスクの風切り音がなく、振動も起きない。また、HDDに比べ起動速度も高速化し、同社の調べによると、起動時間が約30%短縮化されるという。

 対応OSは、Windows Vista/XP/2000、Mac OS X 10.4〜。本体サイズは幅100×高さ70×奥行き9.5mm、重さは70g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top