東芝、世界最軽量&超スリムボディの12.1型ノートPC「dynabook SS RX2」 | RBB TODAY

東芝、世界最軽量&超スリムボディの12.1型ノートPC「dynabook SS RX2」

 東芝は、12.1型液晶ノートPC「dynabook SS RX」の新モデルとして、インテル最新CPUの「Core 2 Duo 超低電圧版SU9300」を搭載した「RX2」シリーズ7製品を発表。9月20日より順次販売する。価格はオープン。

IT・デジタル ノートPC
dynabook SS RX2
  • dynabook SS RX2
  • 本体前面
  • 本体背面
  • 本体右側面
  • 左から本体前面/背面/右側面/左側面
  • 主要スペック
 東芝は、「dynabook SS」の新モデルとして、12.1型液晶ノートPCクラスで世界最軽量&超スリムボディの「RX2」シリーズ7製品を発表。9月20日より順次販売する。価格はオープン。

 同シリーズは、重さ858g/19.5mm(最薄部)の軽量・薄型ノートPC。コンパクトサイズながら仕様は高機能となる。インテル最新のCPU「Core 2 Duo 超低電圧版SU9300(1.20GHz)」と「モバイル インテル GS45 Expressチップセット」を搭載。先進プラットフォーム「インテル Centrino 2 プロセッサー・テクノロジー」に対応し、バッテリ駆動時間が最長約12.5時間に及ぶという。

 メモリドライブに128GBフラッシュメモリ(SSD)搭載モデルをラインアップ。書き込み制限に近づくとアラートを表示してデータのバックアップを促すソフトウェア「東芝SSDモニタ」を装備している。

 また、KDDIの「CDMA 1X WIN」通信モジュールを採用した広域無線通信(ワイヤレスWAN)を内蔵したモデルも用意。有線/無線LANがなくてもインターネット通信が利用できる。なお、全製品とも無線LANでは高速無線LAN規格「IEEE802.11nドラフト2.0」に準拠。従来の「IEEE802.11a/g」より約6倍、最大約300Mbpsの高速通信に対応している。

 新製品はRXシリーズとしては初めて、USB2.0の約2.5倍にあたる最大約1.5Gbpsの転送速度のeSATAポートを搭載。外付けHDDとのアクセスがUSB接続よりも高速化し、大容量のデジタルコンテンツなどの保存を高速に行なえる。

 新製品のラインアップと発売日、予想実売価格は以下のとおり。

●RX2/T9GG
・SSD(128GB)搭載
・DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)搭載
・広域無線通信機能対応
・発売日:11月
・予想実売価格:420,000円前後

●RX2/T9G
・SSD(128GB)搭載
・DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)搭載
・広域無線通信機能非対応
・発売日:11月
・予想実売価格:400,000円前後

●RX2/T8GG
・HDD(160GB/SATA/5,400rpm)搭載
・DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)搭載
・広域無線通信機能対応
・Microsoft Office 2007 SP1 with PowerPoint 2007 SP1インストール
・発売日:11月
・予想実売価格:300,000円前後

●RX2/T8G
・HDD(160GB/SATA/5,400rpm)搭載
・DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)搭載
・広域無線通信機能非対応
・Microsoft Office 2007 SP1 with PowerPoint 2007 SP1インストール
・発売日:9月20日
・予想実売価格:280,000円前後

●RX2/T7GG
・HDD(160GB/SATA/5,400rpm)搭載
・DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)搭載
・広域無線通信機能対応
・発売日:11月
・予想実売価格:270,000円台半ば

●RX2/T7G
・HDD(160GB/SATA/5,400rpm)搭載
・DVDスーパーマルチ(2層書き込み対応)搭載
・広域無線通信機能非対応
・発売日:9月20日
・予想実売価格:250,000円台半ば

●RX2/S7G
・HDD(160GB/SATA/5,400rpm)搭載
・広域無線通信機能非対応
・発売日:9月20日
・予想実売価格:230,000円前後
《近藤》

関連ニュース

特集

page top