ソニー、“BRAVIA史上最高の画質”モデルなど4シリーズ8製品 | RBB TODAY

ソニー、“BRAVIA史上最高の画質”モデルなど4シリーズ8製品

IT・デジタル テレビ
KDL-55XR1
  • KDL-55XR1
  • KDL-46W1
  • KDL-40ZX1
  • KDL-52X1(ブルー)
 ソニーは28日、液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の新シリーズとして、“BRAVIA史上最高の画質”を謳う「XR1」シリーズなど4シリーズ8製品を発表。10月10日より順次販売する。いずれも価格はオープン。

 XR1シリーズは、BRAVIA史上最高の画質を追求したというハイスペックモデル。映像エンジンは同社新開発の「ブラビアエンジン2プロ」を搭載したほか、光の三原色(赤・緑・青)のLEDをバックライトに採用。バックライトを部分制御などにより100万:1の高コントラスト比を実現したとしている。55V型/46V型の2モデルを用意。予想実売価格は55V型の「KDL-55XR1」が750,000円、46V型「KDL-46XR1」は600,000円。10月10日発売。

 「W1」シリーズは、世界初となる4倍速の動画補正技術「モーションフロー240Hz」を採用。同技術は、1秒間60コマ、あるいは24コマで撮影された映像に対し、映像と映像の間に新規生成映像を作り出すことで残像感を低減させるもの。毎秒240コマ表示を行うことで、スポーツなどの動きの速い映像でもくっきりとなめらかに表示できるという。46V型/40V型の2モデルを用意。予想実売価格は46V型の「KDL-46W1」が400,000円、40V型「KDL-40W1」は290,000円。11月10日発売。

 「ZX1」シリーズは、ディスプレイ部とチューナー部を分離することで、ディスプレイ部の厚さを世界最薄となる9.9mm(最薄部)としたモデル。また、チューナー部からディスプレイ部へはHD映像のワイヤレス伝送に対応。壁掛け設置など自由な室内レイアウトをサポートする。ラインアップは40V型モデル「KDL-40ZX1」のみで、予想実売価格は490,000円。11月10日発売。

 「X1」シリーズは、新開発の映像エンジン「ブラビアエンジン2プロ」を搭載。また、画面とスピーカーの間に空間を設けることで映像の浮遊感を演出するなど、インテリアとしての美しさを追求したという。スピーカーグリルのカラーはレッド/ブルー/ブラック/ブラウン/ゴールド/シルバーの6色から選択できる。52V型/46V型/40V型の3モデルを用意。予想実売価格は52V型の「KDL-52X1」は530,000円、46V型「KDL-46X1」は430,000円、40V型「KDL-40X1」は320,000円。10月10日発売。

 4シリーズ8製品共通の仕様として、チューナーは地上/BS/110度CSデジタルおよび地上アナログチューナーを搭載(ZX1シリーズはセパレートタイプ)。入出力端子は、HDMI入力×4/コンポーネント入力×2/コンポジット×3(ZX1シリーズは2基)/S映像入力/D-sub15ピン/光デジタル音声出力/USBなどを搭載する。
《花》

関連ニュース

特集

page top