カシオ、4つのアイコンで室内環境を表示する温湿度センサー搭載の電波時計 | RBB TODAY

カシオ、4つのアイコンで室内環境を表示する温湿度センサー搭載の電波時計

 カシオ計算機は15日、日本気象協会と共同開発した、室内の生活環境の状態を4種類のアイコンで表示する壁掛けタイプの電波時計「IDL-200NJ」を発表。7月31日に発売する。価格は11,550円。

IT・デジタル その他
IDL-200NJ
  • IDL-200NJ
 カシオ計算機は15日、日本気象協会と共同開発した、室内の生活環境の状態を4種類のアイコンで表示する壁掛けタイプの電波時計「IDL-200NJ」を発表。7月31日に発売する。価格は11,550円。

 同製品は、温度センサーと湿度センサーを内蔵し、計測データから室内の生活環境状態を分析してアイコンで表示する「お知らせアイコン」機能を搭載。数値での温湿度表示に加えて、4種類のアイコンで室内の状態を表示する。低温・乾燥の場合は「風邪引き注意」、多湿の場合は「カビ・ダニ注意」、高温の場合は「熱中症注意」のアイコンが点灯。過度の状態になった場合は、それぞれのアイコンが点滅しさらなる注意を喚起する。また、快適と感じる温湿度を設定することで、その範囲内にあるときは「快適」のアイコンが点灯。エアコンの温度調節の目安になる。

 そのほか、前日と今日の温湿度比較や、15分間隔で現在の温湿度と30分前の温湿度を比較する機能を装備。常時点灯ライトやフルオートカレンダーなども備える。

 時計の電波受信方法は自動/手動受信。温度計測は表示単位0.1、表示範囲−19.9〜49.9。湿度計測は表示単位1%、表示範囲10%〜90%。連続稼働時間は約1年。本体サイズは幅126×高さ373×奥行46mm。重さは1.1kg。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top