EMA、フィルタリング・ブラックリスト方式の対象となるカテゴリーについての意見書案を公開 | RBB TODAY

EMA、フィルタリング・ブラックリスト方式の対象となるカテゴリーについての意見書案を公開

 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)は21日、特定分類アクセス制限方式の対象となるカテゴリーについて寄せられた意見をとりまとめた意見書案を公開し、意見書案に対する意見の一般公募を開始した。

ブロードバンド その他
 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)は21日、特定分類アクセス制限方式(ブラックリスト方式)によってフィルタリングの対象となるカテゴリーについて寄せられた意見をとりまとめた意見書案を公開し、意見書案に対する意見の一般公募を開始した。

 今回の意見書案の公開は、総務大臣要請と「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」の中間とりまとめにより、携帯電話事業者が提供するフィルタリングサービスにおいて、特定分類アクセス制限方式(ブラックリスト方式)が初期設定として採用されることを受けたもの。意見は、ダウンロード提供されているアンケート用紙に記入して郵送・FAXのほか、電子メールでも受付されている。なお、電話による意見は受け付けていない。意見の提出期限は9月1日。

 公開された意見書では、「アダルト」「興味本位の暴力表現など」「自殺の誘発・助長・幇助」「犯罪の誘引・助長・幇助」「出会い・ギャンブル・成人嗜好などで青少年に悪影響を与えるもの」の5つの要件に該当するカテゴリを制限対象とするものだ。また、検索キャッシュ、同性愛、宗教、政治活動などのカテゴリは制限対象とすべきとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top