【Security Solution Vol.7】ネットワークに接続するだけで無断持ち込みPCの対策ができる「SR-Sシリーズ」 | RBB TODAY

【Security Solution Vol.7】ネットワークに接続するだけで無断持ち込みPCの対策ができる「SR-Sシリーズ」

 Securty Solution 2008の富士通ブースでは、ネットワークに接続するだけで、無断で持ち込まれたPCの対策ができる機器「SR-Sシリーズ」を展示している。

エンタープライズ その他
 Securty Solution 2008の富士通ブースでは、ネットワークに接続するだけで、無断で持ち込まれたPCの対策ができる機器「SR-Sシリーズ」を展示している。
  •  Securty Solution 2008の富士通ブースでは、ネットワークに接続するだけで、無断で持ち込まれたPCの対策ができる機器「SR-Sシリーズ」を展示している。
  •  Securty Solution 2008の富士通ブースでは、ネットワークに接続するだけで、無断で持ち込まれたPCの対策ができる機器「SR-Sシリーズ」を展示している。
 Securty Solution 2008の富士通ブースでは、ネットワークに接続するだけで、無断で持ち込まれたPCの対策ができる機器「SR-Sシリーズ」を展示している。

 SR-Sシリーズは、ネットワークへの接続を許可をするPCのMACアドレスを登録し、許可のないPCはネットワークに接続できなくするネットワーク機器。PCへのソフトのインストールも不要であるため、簡単に導入できる。

 イーサネットでは、通信をしたい機器を探すため、まずネットワークにブロードキャストパケットを送信する。該当する機器がこのブロードキャストパケットを受信すると、自身のMACアドレスを返し通信が成立する。SR-Sは、このブロードキャストパケットを監視し、許可のないPCには偽のMACアドレスを返して通信をできなくするという仕組みだ。

 このSR-Sシリーズは、IEEE 802.1x認証にも対応している。SR-Sシリーズを導入しとりあえずMACアドレスによる無断持ち込みPCの対策を実施。そののち、IEEE 802.1x認証サーバやスイッチを導入しセキュリティを強化しても、そのまま利用できるという特徴もある。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top