【Security Solution Vol.4】OSのインストールもリモートでできるKVMスイッチ | RBB TODAY

【Security Solution Vol.4】OSのインストールもリモートでできるKVMスイッチ

 Security Solution 2008のATENジャパンブースでは、サーバの遠隔操作が行えるKVMスイッチを展示している。

エンタープライズ その他
 Security Solution 2008のATENジャパンブースでは、サーバの遠隔操作が行えるKVMスイッチを展示している。
  •  Security Solution 2008のATENジャパンブースでは、サーバの遠隔操作が行えるKVMスイッチを展示している。
  •  Security Solution 2008のATENジャパンブースでは、サーバの遠隔操作が行えるKVMスイッチを展示している。
  •  Security Solution 2008のATENジャパンブースでは、サーバの遠隔操作が行えるKVMスイッチを展示している。
 Security Solution 2008のATENジャパンブースでは、サーバの遠隔操作が行えるKVMスイッチを展示している。

 KVMスイッチとは、1組のキーボードやマウス、ディスプレイで、複数のPCが操作できる装置。ATENジャパンが展示している製品は、ネットワークに対応し遠隔から複数のPCが操作できる。サーバのリモートメンテナンスを想定している。

 ネットワーク経由でキーボードやマウス端子の信号を送受信するため、操作するPCのOSは問わない。手元のPCからはWebブラウザやJavaのクライアントを用いて操作をするため、幅広いOSをサポートする。

 「CN8000」は、手元のPCに接続したUSBドライブを遠隔のPCにマウントする機能をあらたに搭載している。手元のPCのドライブにOSのCD-ROMを入れて、遠隔のPCにインストールするといったことが可能。イーサネットポート経由で接続できなくなった時のバックアップ用として、モデム用のシリアルポートも用意している。

 「KN4132」は、32台までのPCが接続できるネットワーク対応KVMスイッチ。ローカルでは1名、リモート経由では4名までの接続ができる。近日中の発売を予定している。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top