専用GPUと内蔵チップセットの切替が可能——VAIOのハイパフォーマンスモデル「type Z」 | RBB TODAY

専用GPUと内蔵チップセットの切替が可能——VAIOのハイパフォーマンスモデル「type Z」

 ソニーは16日、「VAIO」シリーズのノートPCで13.1V型ワイド液晶の新モデル「type Z」(VGN-Z70B)を発表。「Centrino 2」を搭載、DDR3高速メモリーを採用モデル。カラーはブラック。価格はオープンで、予想実売価格は260,000円前後。8月9日発売。

IT・デジタル ノートPC
VGN-Z70B
  • VGN-Z70B
  • 筐体カラーはブラック
 ソニーは16日、「VAIO」シリーズのノートPCで13.1V型ワイド液晶の新モデル「type Z」(VGN-Z70B)を発表。インテルの新世代プラットフォーム「Centrino 2」を搭載、DDR3高速メモリーを採用し、アクセス性能を高速化している。カラーはブラック。価格はオープンで、予想実売価格は260,000円前後。8月9日発売。

 同製品で注目されるのは、専用GPUにNVIDIA GeForce 9300M GS GPUを搭載するほか、インテル 4500MHDをチップセットに内蔵していること。新開発の「ダイナミック・ハイブリッドグラフィックス」を採用しているため、SPEEDモード設定時は専用GPUの9300M GSに、STAMINAモード設定時にはチップセット内蔵の4500MHDに、再起動なしで2種類のグラフィックアクセラレーターを切り替えることができる。

 ディスプレイは、16:9表示に対応する解像度1,366×768ピクセル(WXGA)の13.1型液晶を搭載。ハイビジョン視聴も想定し、映り込みを抑える「クリアソリッド液晶」パネルや、HDMI端子を装備している。また、液晶表面を傷つきにくくするハードコーティング処理を施したほか、落下衝撃に耐える堅牢性も向上。持ち運びの多い利用にも配慮している。

 ほかにも、指紋センサーやセキュリティチップ(TPM)、Webカメラ「MOTION EYE」(有効画素数31万画素)、Bluetooth機能(2.0+EDR準拠)、FeliCaポートなどを搭載している。

 標準仕様(店頭販売)とは別に用意されているVAIOオーナーメードモデルは、SSD(Sold State Drive)を2枚搭載することができ、SSDのRAID構成(ストライピング)をサポート。通常のHDDと比べて約3.7倍高速のハイパフォーマンスが可能だという。また、同モデルでは約1.35kgの軽量な本体と、約17時間の長時間駆動を実現する。

●VGN-Z70B
・CPU:Core 2 Duo P9500(2.53GHz)
・チップセット:Intel GM45 Express
・メモリ:2GB
・HDD:200GB
・無線LAN:IEEE802.11a/b/g/nドラフト準拠
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
・OS:Windows Vista Home Premium
《近藤》

関連ニュース

特集

page top