NEC、新ソリューション追加で効率化を実現した「ITファシリティソリューションサービス」 | RBB TODAY

NEC、新ソリューション追加で効率化を実現した「ITファシリティソリューションサービス」

 日本電気は10日、IT機器の空調設備や電源設備などファシリティ(付帯設備)の効率化により省電力を実現する「ITファシリティソリューションサービス」の提供を開始した。

エンタープライズ その他
ソリューションのイメージ
  • ソリューションのイメージ
 日本電気は10日、IT機器の空調設備や電源設備などファシリティ(付帯設備)の効率化により省電力を実現する「ITファシリティソリューションサービス」の提供を開始した。

 ITファシリティソリューションサービスでは、効率の良い無停電電源装置や発電機を提供する「電源バックアップソリューション」、免震装置を提供する「地震対策ソリューション」、効率の良い空調機や搬送ファンなど提供する「空調ソリューション」、「セキュリティソリューション」、および「環境改善ソリューション」の5つと、あらたに追加された「局所冷却ソリューション」と「センサーソリューション」の2つを合わせた計7種のソリューションが、ITプラットフォーム導入の企画・検討段階から設計・構築、設置、運用とお客様のライフサイクルに応じて適切に組合せ、提供される。

 局所冷却ソリューションは、米・APCの局所冷却装置「InfraStruXure InRow」と日本電気のサーバ、ストレージの最適な組み合わせを実現する「ヒートコンパクトクーリング」により、従来の空調方式と比較して年間電力消費量を最大60%削減するほか、IT機器の排熱を囲い、囲った高温部分を集中冷却する「ホットアイルコンテインメントシステム」により通常のInRowシステムと比較して更に14%の年間電力消費量を削減するというもの。また、APCの統合管理ソリューション「InfraStruXure Central」と日本電気製品向け統合運用管理ソフト「WebSAM MCOperations」、および統合プラットフォーム管理ソフト「SigmaSystemCenter」との連携ソリューションを、APCとのアライアンスに基づき2009年度をめどに共同開発し、さらなる省電力を実現するとしている。

 モニタリングサービスは、温度・湿度センサー、および電力センサーをコンピュータラックに装備し、センサーをネットワークで接続することで、24時間365日マシンルームの環境を監視するサービス。これにより、ホットスポット、電力供給異常を早期に検知することが可能となり、冷却効率の向上を実現する。

また、「REAL IT COOL PROJECT」に基づいて製品化されたハードウェア、ソフトウェア、ファシリティサービスを組み合わせ、企業やデータセンター事業者に対して省電力ITプラットフォームの導入を推進する専任組織「REAL IT COOL推進センター」を同日付で新設した。

 さらに、日本電気本社内の「プラットフォームイノベーションセンター」内にサーバ、ストレージ、ソフトウェア、ファシリティなどを組み合わせた最新の省電力データセンターのデモ、および検証環境を「REAL IT COOLプラザ」として2008年10月に設置する予定となっている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top