マイクロソフト、Hyper-V日本語版の開発を完了、即日ダウンロード提供を開始 | RBB TODAY

マイクロソフト、Hyper-V日本語版の開発を完了、即日ダウンロード提供を開始

 マイクロソフトは30日、Microsoft Windows Server 2008日本語版において、サーバーの仮想化機能を提供するMicrosft Windows Server 2008 Hyper-V日本語版の開発を完了し、Windows Server 2008の購入者を対象としたダウンロード提供を同日より開始した。

エンタープライズ その他
 マイクロソフトは30日、Microsoft Windows Server 2008日本語版において、サーバーの仮想化機能を提供するMicrosft Windows Server 2008 Hyper-V日本語版の開発を完了し、Windows Server 2008の購入者を対象としたダウンロード提供を同日より開始した。また、7月9日よりMicrosoft Update、およびWindows Updateを通じた提供も行われる。

 Hyper-Vは、ハイパーバイザーベースのサーバー仮想化ソフトウェア。今回提供が開始される製品版のダウンロードにより、これまでWindows Server 2008にバンドルされていたHyper-Vベータ版、およびHyper-V製品候補版が置き換えられて、本番環境を順次移行することとなる。また、沖電気工業、サン・マイクロシステムズ、デル、東芝、日本アイ・ビー・エム、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、日本ユニシス、日立製作所、富士通、および三菱電機インフォメーションテクノロジーの11社が提供するWindows Server 2008プレインストールモデルのサーバーでもHyper-Vが正式にサポートされる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top