Mindjet、情報やアイデアを視覚的に表現するSaaS製品「Mindjet Connect」を発表 | RBB TODAY

Mindjet、情報やアイデアを視覚的に表現するSaaS製品「Mindjet Connect」を発表

エンタープライズ その他

 米Mindjetは18日、SaaSプラットフォームの新製品「Mindjet Connect」を発表した。

 「Mindjet Connect」は、ホスト型のSaaS(Software as a Service)製品で、核となるマインドマッピングアプリケーション「MindManager」との連携により、プロジェクトや計画に関係するアイディア・情報・リソースを、視覚的に結びつけることが可能だ。

 複数のチームが並行してマップの共同作成、編集を行い、あらゆる種類のファイルを保存、編集できるほか、インスタントミーティング、メッセージング、ホワイトボードなどの統合型コミュニケーションサービスとの統合も図られている。

 マップ上の共同作業がリアルタイムで行えるほか、マップや作業スペースを起点として、チームのメンバーと会話したり、ウェブ会議を開いて情報を提示したり、デスクトップを共有するなど、ダイナミックなオンラインホワイトボードに情報や意見を記録することができる。

 同社では「Mindjet Connectにより、業務上の局面を打開するための洞察が可能になる」「マッピングとチーム内の共同作業を、より強力で身近なものにする新しいウェブアプリケーションとオンラインサービスを提供する」としている。なお現在MindManagerのユーザー数は130万を超えており、新規ライセンスの販売数は月2万を超えるペースとなっているとのこと。

 Mindjet Connectの英語版、ドイツ語版は18日リリース。日本語版、フランス語版は2008年後半の提供を予定。価格設定は3段階で、1社当たり3ユーザーが最低条件となる。Mindjet Connectのパッケージ価格は、契約期間1年、ユーザー当たり月額8.99ドル〜。なおWeb専用ビューワーのマインドマッピングアプリケーションであるMindManager Webは、2008年後半の出荷開始を予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top