松下、世界初! 3MOS搭載のSD対応フルHDビデオカメラ2製品 | RBB TODAY

松下、世界初! 3MOS搭載のSD対応フルHDビデオカメラ2製品

 松下電気産業は18日、世界初となる「3MOSシステム」や「おまかせiA」機能を搭載するAVCHD対応デジタルビデオカメラ2製品を発表した。価格はオープンで、7月12日発売。

IT・デジタル デジカメ
HDC-HS100
  • HDC-HS100
  • HDC-SD100
  • スペック表
 松下電気産業は18日、世界初となる「3MOSシステム」や「おまかせiA」機能を搭載するAVCHD対応デジタルビデオカメラ2製品を発表した。価格はオープンで、予想実売価格はHDD(60GB)およびSDメモリーカード記録対応モデル「HDC-HS100」が150,000円、HDD非搭載でSDカードのみ対応の「HDC-SD100」は130,000円。いずれも7月12日発売。

 今回発表された2製品はいずれも、撮像素子にMOSセンサーを3つ使用する3MOSシステムを採用するフルHD対応デジタルビデオカメラ。同システムの採用により、最低照度2ルクスでの撮影や、色解像度に優れた鮮やかな映像撮影を可能としている。また、撮影機能として、従来機種で採用される「おまかせ顔認識」機能を進化させた「おまかせiA」機能を搭載。本体に装備した「iAボタン」を押すだけで、人の顔や風景などの5つのシーンにあわせた撮影を行える。

 また、白とび・黒ツブレの少ない忠実な階調再現が可能という映像処理エンジン「新HDクリスタルエンジン」を搭載するほか、システムLSIは従来機より「UniPhier(ユニフィエ)を継承しており、HA/HG/HXの3モードで解像度1,920×1080ピクセルのフルHD記録に対応する。

 そのほかの仕様として、1秒間に24コマの静止画撮影ができる「HD高速連写機能」や、映画のフィルムカメラと同等の毎秒24コマでのプログレッシブ撮影を行える「24Pデジタルシネマ」機能、5.1chサラウンド記録に対応するマルチマイクなどを搭載。同社製テレビ「VIERA」とのHDMI連携機能「ビエラリンク」に対応する。

 レンズは9群12枚のライカディコマーレンズを採用し、光学ズームは12倍に対応する。液晶ディスプレイは2.7型ワイド液晶を装備。ディスプレイを開いてから約0.6秒で撮影スタンバイ状態となるクイックスタートに対応する。
《花》

関連ニュース

特集

page top