ソニー、薄型液晶テレビ「BRAVIA」に省エネ基準達成率232%達成の“省エネナンバーワン”シリーズ | RBB TODAY

ソニー、薄型液晶テレビ「BRAVIA」に省エネ基準達成率232%達成の“省エネナンバーワン”シリーズ

IT・デジタル テレビ

シルバー
  • シルバー
  • シャンパンゴールド
 ソニーは、薄型液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の新シリーズで、省エネ・省資源性能を向上させたJE1シリーズ「KDL-32JE1」を発表。7月30日から発売する。カラーはシルバーとシャンパンゴールドの2色を用意。価格はオープンで、予想実売価格は150,000円。

 同製品は、2008年春に発売したJ1シリーズの32V型機種「KDL-32J1」と同様の機能を搭載しているが、省エネと省資源の性能を高めている点が大きな特徴だ。まず省エネでは、年間消費電力量を86kWh/年に抑え、省エネ基準達成率は232%を達成。“省エネ5つ星”の基準となる164%を大きく上回っている。また、消費電力についても89Wを実現。こうした数値から2008年6月17日現在、日本国内で発売されている32V型デジタル液晶テレビにおいて“省エネナンバーワン”をうたう。

 一方の省資源性でも新たな方法を採用。すでに同社では、過去に発売したカラーテレビの一部プラスチック部品や、テレビの製造過程で発生する発泡スチロール廃材を再生し、ブラビアの一部部品に使用しはじめたが、同製品からはさらに、液晶テレビに使用する光学フィルムの製造過程で発生する廃棄材料を部品用に再生する、新たな自社循環素材を採用している。これにより、新材を使用した場合と比較して製造段階のCO2発生量を約40%削減できるという。

 主な仕様は以下のとおり。
●JE1シリーズ「KDL-32JE1」
・画面サイズ:32V型
・解像度:1,366×768ピクセル(WXGA)
・コントラスト:2,500:1
・視野角:上下/左右とも178度
・実用最大出力:10W+10W(JEITA)
・インターフェース:HDMI/D5映像/S2映像/D-sub15ピンなど
・本体サイズ:幅79.4×高さ54.0×奥行き9.9cm(スタンド含む幅79.4×高さ57.7×奥行き24.2cm)
・重さ:13.0kg(スタンド含む15.5kg)
・付属品:おき楽リモコン「RMF-JD004」、シンプルリモコン「RM-JD017」、転倒防止用ベルト、VHF/UHF用アンテナ接続ケーブル(2.5m)、B-CASカード、リモコン用乾電池(単4形×2、単3形×2)など
《近藤》

関連ニュース

特集

page top