【物欲乙女日記・台湾編(シャトルレポート2】Shuttleのブースから | RBB TODAY

【物欲乙女日記・台湾編(シャトルレポート2】Shuttleのブースから

  前回“シャトルナイト”で本社にうかがった、Shuttleのブースをレポートします。

IT・デジタル その他
台湾Shuttleのブース
  • 台湾Shuttleのブース
  • お馴染みのキューブもありました
  • 「X27」
  • 「X27」
  • 表示されているランチャーをタッチしてみる物欲乙女
  • 表示されているランチャーをタッチしてみる物欲乙女
  • 16分割の監視カメラ映像に切り替わります
  • 16分割の監視カメラ映像に切り替わります
  前回“シャトルナイト”で本社にうかがった、Shuttleのブースをレポートします。
 
 キューブPCを主力商品とするShuttle。予想した通り、ブースにキューブたちが並んでいますねー。

 そんな中、ひとつだけ形の違うPCを発見しました。高さ7cmという、スリムなデスクトップ「X27」です。通常のShuttleのキューブPCの高さは大体20cm前後だから、半分以下になったのね。コンパクト化を実現させた秘訣を聞いてみると、インテルが開発した“ウワサ”のCPU「Atom」を搭載しているからなんだそう。

 Atomとは、ウィルコムのスマートフォン「D4」や、Acerのネットブック「Aspire one」にも搭載されている、超小型PC向けのCPU。ダイサイズ(面積)は、約24平方mm。最近のノートPCに使われているCPU「Core 2 Duo」は107平方mmだから、1/4のサイズになったってことですか。しかも小さいくせに高性能で、電力の消費も少ないんだって。
 
 「ところで、これってもっと薄くならないんですか?」と、Shuttle日本支社責任者の伊藤賢さんに聞いてみました。どうやら、「XP27」は静音性を意識し、ファンレスに設計されているんだそう。だから、これ以上本体を薄くすると、熱がこもってしまうから避けたんだって。他の製品と違い、サイドパネル全面にメッシュ加工が施されていました。

 それにしても、従来のキューブPCでも十分小さいのに……、どこまでコンパクトにするつもりなのかしら。とにかく、これだけ小さいPCなら、私の家のような6畳一間の狭い部屋でも場所を取りません!

 薄いPC「X27」の次は、本体にディスプレイを持つキューブPC「D10」に注目しましょ。フロント部分に、タッチパネル式の7インチディスプレイがついています。こんなの見たことありません!

 このディスプレイには各ソフトのランチャー(つまりショートカットのようなもの)を、4、8、または16個表示することができます。指で画面をタッチすれば簡単にそのソフトが起動できるんです。会場のデモ機には、ウィンドウズのインターネット、メッセンジャー、メディアプレイヤーなどのランチャーが表示されていました。
 「D10」には、家で映画などのエンターテインメントを楽しみたいって人にもぴったりのようです。独自のインターフェース「Shuttle GUI」で、指1本で映画や音楽プレイヤーの操作ができます。タッチするだけだから、子どもやお年寄りにも簡単。オプションのリモコンを使えば、いちいちPCに近づかなくても、ソファに座りながら操作ができちゃいます。

 またこのPCには、ホームセキュリティを高めるための機能「Home Surveillance」もついています。どういうものかと言いますと、家に設置されている監視カメラの映像が、本体のディスプレイに表示されるというものなのです。最高で16コマの映像がサムネイルのように表示され、気になるものをタッチすると、映像が画面いっぱいに拡大されます。ちなみに、ビデオカメラは市販のものでOKだそう。ただし、これにはShuttleのキャプチャーボードPVシリーズが必要です。

 家に監視カメラか……将来はこの機能を生かせるように広い家に住みたいものです。防犯用でなくても、赤ちゃんのいる部屋に取り付けて、リビングで様子をチェックするって使い方もいいですね。

 近々、本体のディスプレイにはキーボード画面も表示できることになるそう。指で画面をタッチするだけで文字入力が可能になります。(物欲“極秘”情報ですが、今度このディスプレイ部分がはずれ、ワイヤレスで使えるモデルも登場するみたいですゾ……)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top