日本Shuttle、最新チップセットX48採用のキューブ型ベアボーン | RBB TODAY

日本Shuttle、最新チップセットX48採用のキューブ型ベアボーン

 日本Shuttleは13日、インテルのチップセット「X48」を採用したキューブ型ベアボーン「Shuttle XPC SX48P2 E」を発表。6月26日に発売する。価格は59,800円。

IT・デジタル ノートPC
Shuttle XPC SX48P2 E
  • Shuttle XPC SX48P2 E
  • 背面
 日本Shuttleは13日、インテルのチップセット「X48」を採用したキューブ型ベアボーン「Shuttle XPC SX48P2 E」を発表。6月26日に発売する。価格は59,800円。

 同製品は、今年1月発売の「X38」搭載モデル「SX38P2 Pro」の後継モデルで、チップセットにX48 + ICH9Rを採用。PCI Express x16スロットを2本備え、2枚のグラフィックカードを搭載するCrossFire構成が可能だ。また、チップセットのNorthとSouthそれぞれに冷却用ヒートパイプを備える。

 そのほか、CPU は45nmプロセスやFSB1600 MHzのCore 2 Extreme/Quad/Duoに対応。4基のメモリスロットを搭載。80%以上の高い電力消費効率を証明する「80+」認証の450W電源を装備する。

 主な仕様は以下のとおり。

●Shuttle XPC SX48P2 E
CPU:Core 2 Extreme/Quad/Duo(FSB 1066/1333Hz/1600MHz)
メモリ:DIMM×4(DDR2 667/800、最大8GB)
スロット:PCI Express x16×2、Mini Card
シリアルATA:4ポート(RAID 0/1/0+1/5対応)
パラレルATA:1ポート(Ultra ATA/100)
インターフェース:ギガバイトEthernet、eSATA×2、USB2.0×8、IEEE1394、ミニIEEE1394など
サウンド:7.1チャンネルHDオーディオ
本体サイズ:幅220×高さ210×奥行き325mm
《近藤》

関連ニュース

特集

page top