VMJ、世界最大!65型業務用の裸眼3D立体ディスプレイを商品化〜駅、空港などの電子広告で活用 | RBB TODAY

VMJ、世界最大!65型業務用の裸眼3D立体ディスプレイを商品化〜駅、空港などの電子広告で活用

ブロードバンド その他

65型業務用裸眼立体視ディスプレイ
  • 65型業務用裸眼立体視ディスプレイ
 独ビジュモーションの3D映像技術に関する日本代理店であるVMJは5日に、世界最大となる65インチサイズの「業務用3D立体液晶ディスプレイ・システム」を発表した。シャープ製のディスプレイの供給を受け商品化し、6月下旬から販売を開始する。

 ビジュモーションが開発した、裸眼で鮮明な立体映像を視認できる「パララックスバリアテクノロジー」を応用したもの。液晶パネルに特殊ガラスフィルターを貼り付けることで立体映像表示を可能にした。画面サイズは横142センチ×縦80.4センチ(最高解像度1,920×1,080ドット)で、裸眼で画面から最大約83センチ、ポップアップする立体映像(3次元)が視認できる。

 販売ターゲットとしては、多くの人たちが行き交う駅、空港、公共施設、ショッピングセンター・モール、地下街、デパートなどを主対象とするデジタルサイネージ(電子広告)分野を想定しており、2.5インチ〜65インチまでのラインナップを揃えることで、今後、ゲーム、パチンコ・パチスロ、携帯電話などのあらたな分野にも展開していく方針とのこと。

 3D広告について、カナダのモントリオール市で行われた調査(イーストマン・コダック社調べ)によれば、ショッピングモールの入り口で3D映像による商品宣伝を行うと、売上で12%、来客用車両で34%伸びたという結果が出ており、注目を集めている。

 今回の65インチ・ディスプレイ・システムは、視野角も120度と広範囲で、一度に多数の人が視聴できる大型画面の特長を活かすとともに、複数のディスプレイをネットワーク化して、種々の広告映像を同時に連続配信することも可能。価格(本体、再生用ソフト)は、300万円前後(消費税別)を予定しており、3D映像事業で年間30億円の販売を見込んでいるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top