省エネに取り組むグリーン・グリッド、日本に委員会を設置〜グリーンIT推進協議会と提携 | RBB TODAY

省エネに取り組むグリーン・グリッド、日本に委員会を設置〜グリーンIT推進協議会と提携

エンタープライズ その他

 「グリーン・グリッド」(本部:米国オレゴン州ビーバートン)は28日、「データ調査委員会」および「コミュニケーション委員会」を日本であらたに発足し、グリーンIT推進協議会と提携することを発表した。

 「グリーン・グリッド」は、世界各地の会員企業によって構成される業界団体で、データセンターおよびビジネス・コンピューティングの省エネ化に取り組む世界規模のコンソーシアム(2007年設立)。 「データ調査委員会」は、国内の会員企業および団体からの情報を収集、分析し、各メンバーへの提言が適切であることをグリーン・グリッドのグローバルの組織である技術委員会に報告するもの。一方「コミュニケーション委員会」は、技術委員会の重要な調査結果を会員企業および団体のデータセンター・マネジャーなどのIT専門家に提供することで、国内におけるマーケティングやイベント活動を支援することを目的とする。グリーン・グリッドでは、今回の日本における委員会発足とともに、グリーンIT推進協議会との提携を足掛かりに、今後のアジア地域における活動展開を拡大していきたいとのこと。

 ジョン・タッシーロ代表は「グリーン・グリッドは、日本におけるデータセンターのエネルギー効率改善に向けた長年にわたる取り組みに応えたいと考えています。日本での委員会の発足によってグリーン・グリッドは、会員の皆様がエネルギー効率を継続的に改善しうるための戦略的かつ適切な提言を行います」とのコメントを寄せている。

 なお、グリーンIT推進協議会との提携においては、正式な業務提携に関する覚書に調印し、情報共有および共同活動の要綱のとりまとめを行う予定。覚書への調印は、5月29日にグリーンIT推進協議会が主催する「グリーンIT国際シンポジウム」に先がけ、28日「ザ・プリンス パークタワー東京」にて予定されているグリーンIT推進協議会のレセプションにて行われる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top