天然木と京都西陣織の技術が融合したナチュラルなiPod保護ケース | RBB TODAY

天然木と京都西陣織の技術が融合したナチュラルなiPod保護ケース

IT・デジタル その他

木織テナージュiPodケース
  • 木織テナージュiPodケース
  • シルバーハート/iPod touch用モデル
  • 本体背面にはベルトループ兼コードマネージャーを装備
  • 全モデルの予想実売価格
 丸紅インフォテックは26日、天然木を織った新素材を採用するiPod保護ケース「木織テナージュiPodケース」を発表した。「シルバーハート」および「黒檀」モデルを用意し、それぞれiPod touch/classic(80GB)/第3世代nano用モデルを揃える。いずれも価格はオープンで、6月上旬発売。

 同製品は、薄くスライスした天然木を京都西陣織の技法で織った「Tennage(テナージュ)」を素材とするiPod保護ケース。同素材は、木材ながら自在性・伸縮性があり、折り曲げても割れにくいほか、抗菌性もあわせ持つという。また、シルバーハートおよび黒檀という、天然木が本来持っている風合いや手触り感をそのまま活かし、「天然木の魅力と織物の芸術性」を備えた仕様とした。

 ケースの形状は、2つ折りのウォレット型で、マグネットによる開閉式。本体背面にはベルトループ兼コードマネージャーを装備する。ケース裏地にはスエード(豚革)を用いたほか、エッジ部、コードマネージャー部、ホルダー部にはレザー(牛革)を採用する。レザーのカラーはシルバーハートモデルがホワイト。黒檀モデルはブラウンで、第3世代iPod nano用モデルはブラウン/ブルー/レッド/グリーンの4色を揃える。

 本体サイズは、iPod touch用モデルが幅7.1×高さ12.2×奥行き1.7cmで、重さが53g。iPod classic(80GB)用モデルは幅7.5×高さ11.1×奥行き1.7cmで、重さは45g。第3世代iPod nano用モデルは幅6.4×高さ8.7×奥行き1.5cmで、重さは25g。
《花》

関連ニュース

特集

page top