日産、ザナヴィ、ソニー、アラウンドビューモニター開発で米国「PACE Awards」を受賞 | RBB TODAY

日産、ザナヴィ、ソニー、アラウンドビューモニター開発で米国「PACE Awards」を受賞

 ザナヴィ・インフォマティクスとソニーは15日、「アラウンドビューモニター」の開発において、自動車業界に貢献する技術を開発したサプライヤーに与えられるる2008 Automotive News PACE Award(プロダクト部門)を受賞した。

エンタープライズ その他
 ザナヴィ・インフォマティクスとソニーは15日、「アラウンドビューモニター」の開発において、自動車業界に貢献する技術を開発したサプライヤーに与えられるる2008 Automotive News PACE(PremierAutomotive Suppliers' Contribution to Excellence)Award(プロダクト部門)を受賞した。また、日産自動車、ザナヴィ・インフォマティクス、ソニーの3社は、サプライヤーとの共同による優秀技術の開発に与えられる部門賞、2008 Automotive News PACE "Collaborator Award" を共同受賞した。

 アラウンドビューモニターは、日産自動車が2007年10月末に日本国内で発売したミニバン「エルグランド」に初めて搭載したもので、車両の前後左右に取り付けた4個の広角・高解像度カメラから得た映像を上方から見下ろしたような映像としてディスプレイに表示することで、ドライバーの円滑な駐車を支援する技術。2005年に3社協同で開発を開始し、日産自動車の研究ノウハウ、ソニーの130万画素CMOSセンサーと180度レンズを搭載した高解像度・超広角カメラ、ザナヴィ・インフォマティクスの俯瞰画像変換技術を取り入れたコントローラを融合することで開発された。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top