ソニー「eyeVio」がJASRACと包括契約、管理楽曲の投稿が可能に | RBB TODAY

ソニー「eyeVio」がJASRACと包括契約、管理楽曲の投稿が可能に

 ソニーの動画共有サービス「eyeVio:アイビオ」では7日より、国内の日本音楽著作権協会(JASRAC)管理楽曲の中から、ユーザ自ら演奏・歌唱した映像をアップロードし共有できるサービスを開始した。

ブロードバンド その他
JASRAC管理楽曲を演奏・歌唱した投稿映像
  • JASRAC管理楽曲を演奏・歌唱した投稿映像
  • タイトル・ビデオの説明を記入すればアップロードが完了
 ソニーの動画共有サービス「eyeVio:アイビオ」では7日より、国内の日本音楽著作権協会(JASRAC)管理楽曲の中から、ユーザ自ら演奏・歌唱した映像をアップロードし共有できるサービスを開始した。

 2月12日に発表されたJASRACとの契約締結に基づくもので、アップロード時にユーザが演奏や歌唱した曲名・アーチスト名を入力して楽曲の登録をすることで、動画を簡単に共有できる。具体的には、タイトル名・アーチスト名からJASRAC管理楽曲を検索し、該当する曲目を選択、楽曲利用範囲について確認を行った後、タイトル・ビデオの説明を記入すれば、アップロードが完了する。

 ただし、あくまでもユーザ自身が演奏・歌唱した音楽を含む映像に限り、CDなどの録音音源をBGM等に直接使用した映像はサービス対象外となる。またサポートする配信サービスは、ストリーミング方式のみ。
 なお、アイビオは無料サービスのため、今回の楽曲の利用に伴い発生する音楽著作権使用料金は、すべてアイビオが負担するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top