インテル、低消費電力のサーバー向け45nm対応CPU「クアッドコアXeon」 | RBB TODAY

インテル、低消費電力のサーバー向け45nm対応CPU「クアッドコアXeon」

IT・デジタル ノートPC

 インテルは26日、サーバーおよびワークステーション向けの低消費電力が特徴のCPU「クアッドコア Xeon」のL5400番台の2製品「L5420」「L5410」を発表。本日出荷を開始した。価格は2.50GHzモデルが38,300円、2.33GHzモデルが32,300円。

 45nmプロセス技術により製造され、2.5GHzのクロック周波数を実現するとともに、全体として50Wの消費電力、もしくは1コアあたりの消費電力12.5Wに抑えている。

 熱設計電力を50Wに抑えながら、前世代の低電圧版クアッドコア Xeonと比較して25%の動作速度の向上と、50%のキャッシュ容量の拡大を実現。「L5420」「L5410」は、それぞれ2.5GHz、2.33GHzで動作し、12MBのオンダイ・キャッシュと1,333MHzのFSBを搭載している。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top