デル、優れたワット性能比を実現したエントリクラスのx64系サーバ「PowerEdge R300/T300」 | RBB TODAY

デル、優れたワット性能比を実現したエントリクラスのx64系サーバ「PowerEdge R300/T300」

エンタープライズ モバイルBIZ

PowerEdge R300
  • PowerEdge R300
  • PowerEdge T300
 デルは19日、同社のx64系サーバ「PowerEdgeシリーズ」の新製品として、エントリクラスのラック型「PowerEdge R300」、およびタワー型「PowerEdge T300」を発表した。価格はそれぞれ17万1,990円から、15万9,390円から。

 PowerEdge R300は、あらたにラインアップに加わったラック型サーバ。PowerEdge T300は、タワー型サーバ「PowerEdge 840」の後継製品にあたる。いずれもCPUにXeon 3300番台、Xeon 5400番台、Core 2 Duo、Celeronの4種類を搭載可能で、チップセットはインテル5100チップセットを採用している。メモリは6スロット、最大24GBのDDR2 ECCメモリを搭載できるほか、PowerEdge R300ではPCIスロットを2つ、PowerEdge T300では5つ備えている。また、オプションでHDDのホットプラグや冗長化電源にも対応する。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top