デル、ハイパースケール・データセンターに対応するサーバ製品群を発表 | RBB TODAY

デル、ハイパースケール・データセンターに対応するサーバ製品群を発表

エンタープライズ ハードウェア

Dell PowerEdge C1100
  • Dell PowerEdge C1100
  • Dell PowerEdge C2100
  • Dell PowerEdge C6100
 デルは1日、「Dell PowerEdge C」サーバ新製品を中心とした、効率的で低コストのクラウド・ソリューションを発表した。

 「Dell PowerEdge C」シリーズは「C1100」「C2100」「C6100」の3製品をラインアップ。データセンター・ソリューション(DCS)部門の実績を活用して設計されており、HPC、Web 2.0、ゲーム、ソーシャルネットワーク、エネルギー関連の顧客や、SaaSプロバイダ、パブリック/プライベート・クラウドを構築する顧客向けに、機能と消費電力の最適化が図られた。「Dell PowerEdge C 1100」は大容量メモリ・高効率電源を搭載し、クラスタが最適化されたコンピュート・ノード・サーバで1Uラックにマウント可能な2ソケットサーバ(クアッドコアまたは6コアプロセッサー搭載)となっている。「Dell PowerEdge C2100」はデータ分析、クラウド・コンピューティング・プラットフォーム、クラウド・ストレージ用途の高性能サーバで、2Uラック用2ソケットサーバ(6コア、クアッドコアプロセッサー搭載)となる。そして「Dell PowerEdge C6100」は4ノードのクラウドと、クラスタが最適化された共有インフラストラクチャ用サーバで、2Uラックに4ノードまでマウント可能な2ソケットサーバ(6コアまたはクアッドコアプロセッサー搭載)となっている。最小構成価格はDell PowerEdge C1100が531,300円~、Dell PowerEdge C2100が530,250円~、Dell PowerEdge C6100が1,398,600円~。

 ソリューション面では、検証・組み立て済み/完全サポート対応のハードウェア、ソフトウェア、サービスで構成されるターンキー・クラウド・ソリューションを提供する。「Open( 標準技術 )」「Capable(十分な 能力 )」「Affordable( 購入しやすい )」を基本とし、ストレージ・ハードウェア、ソフトウェア、データ管理サービスに関するデルの技術を活かし、増大し続ける企業のデータを戦略的資産へと転換する「インテリジェント・データ・マネジメント」と、検証済みのクラウド・ソリューションにより、効率的で、導入と管理が容易なクラウド・コンピューティング環境を短期間で導入できる「クラウド・インフラストラクチャ・ソリューション」を提供する。
《冨岡晶》

特集

page top