ビル・ゲイツ氏、米国の技術革新と競争力問題について公聴会で発言 | RBB TODAY

ビル・ゲイツ氏、米国の技術革新と競争力問題について公聴会で発言

ブロードバンド その他

Microsoftチェアマン ビル・ゲイツ氏
  • Microsoftチェアマン ビル・ゲイツ氏
 米・Microsoftは12日(現地時間)、米国下院科学技術委員会が開催した50周年記念公聴会において、同社チェアマンのビル・ゲイツ氏が同日午前10時より今後の技術革新と米国の競争力について証言をおこなったと発表した。

 ゲイツ氏は、教育問題や労働力の伸び、高いスキルを持った技術者が米国に留まるよう移民制度を改革する必要性、および基本的な研究に対する投資を継続する必要性などを含む米国の競争力について主に語った。中でも科学・数学教育水準の向上、米国企業に最高の才能を持つ人材を雇用できるよう移民制度の改革、基本的な研究に対する投資をもっと増やすべきだという3点が強調された。

 ゲイツ氏は次のようにコメントしている。「政府や大統領のリーダーシップと民間企業の参画抜きにして、技術革新の中心地として米国があり続けるのは難しく、より熱心な他の国にシフトしてしまうだろう」
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top