東芝セミコン、HP BladeSystem/ProLiantを採用したLinuxベースクラスタシステムを大規模導入 | RBB TODAY

東芝セミコン、HP BladeSystem/ProLiantを採用したLinuxベースクラスタシステムを大規模導入

 東芝セミコンダクターは4日、日本ヒューレット・パッカードのHP BladeSystemを中核としたHP ProLiantを大規模採用し、DFM(Design for Manufacturing)システムを構築した。

エンタープライズ その他
HP ProLiantシリーズの例
  • HP ProLiantシリーズの例
  • HP BladeSystemの例
 東芝セミコンダクターは4日、日本ヒューレット・パッカードのHP BladeSystemを中核としたHP ProLiantを大規模採用し、DFM(Design for Manufacturing)システムを構築した。

 同システムは、HP ProLiantとHP BladeSystemを基盤とした大規模なLinuxベースクラスタシステムで、2月から本格稼働を開始している。また、コンピュータノードの管理には「HP Cluster Management Utility」を利用したリモート管理システムが採用されている。今回のシステム構築は、半導体メモリ設計開発の生産性を向上するためのもので、同社の次世代技術の開発期間短縮とTime to Marketの実現を目的としている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top