イー・モバイル、音声電話のサービス開始を発表〜基本料金はゼロ円 | RBB TODAY

イー・モバイル、音声電話のサービス開始を発表〜基本料金はゼロ円

ブロードバンド その他

 イー・モバイルは25日に、携帯電話機を利用した新サービスとして音声通話の開始を発表した。利用可能な端末は、EMONSTER(S11HT、HTC製)およびH11T(東芝製)となる。

 3月28日より音声電話、ショートメッセージサービス(SMS)、国内ローミング、そして留守番電話、発信者番号通知、電話番号リクエストなどのネットワークサービスの提供を開始する。同日より、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)による申請の受付も開始する。

 ベーシックな料金プランとなる「ケータイプラン」では、月額基本料はゼロ円となる。国内通話料は18.9円/30秒。SMS通信料は2.1円/通。データ通信料は、基本使用料1,000円(23,825パケット)の無料通信分と、0.042円/パケットのパケット通信料の合計で、上限金額4,980円となる。

 さらに月980円の定額料で、加入者間の通話料が24時間無料、SMS送信料も無料となる有料オプションサービス「定額パック24」が用意されている。

 加入時には、契約事務手数料2,835円と一時払い金が必要となる。一時払い金は携帯機種ごとに異なり、EMONSTER(S11HT)で67,980円、H11Tで57,980円となる。ただし2年間の長期契約を結ぶ場合は、割引が適用され、EMONSTER(S11HT)で43,980円、H11Tで33,980円となる。「ご加入アシストにねん」を利用すると、一時払い金が24,000円軽減されるが、2年間毎月1,000円を支払う形となる。

 また、データカードやEM・ONE(α)を「データプラン」で別途契約するセット割引サービス「ケータイプランデータセット」も用意されている。データ通信料が0〜3,980円となり、携帯電話側の月額料金が0円から利用できることとなる。

 他社携帯、さらにはウィルコムPHSと比較しても非常に魅力的なサービスが、いよいよ登場したと言ってよいだろう。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top