ソニー、ライブビューができるデジタル一眼レフ「α350」——1,420万画素 | RBB TODAY

ソニー、ライブビューができるデジタル一眼レフ「α350」——1,420万画素

IT・デジタル デジカメ

α350
  • α350
  • 背面部
 ソニーは1日、新開発1,420万画素CCDでライブビュー機能を搭載したデジタル一眼レフカメラ「α350」を発表。3月7日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は本体のみが90,000円、18-70mm F3.5-5.6ズームレンズキットが100,000円、18-200mm F3.5-6.3高倍率ズームレンズキットが140,000円前後。

 同製品は、新開発の「クイックAFライブビュー」を搭載たことで液晶を見ながら自由なアングルで撮影デジタル一眼レフカメラ。ディスプレイは、下向き40度、上向き130度に動く可動式の2.7型大型液晶だ。

 ライブビュー専用イメージセンサーをRGBこどに1,200セルに分割して測光を行う方式とDレンジオプティマイザー技術を用いた判別アルゴリズムにより、撮影シーンに最適な露出制御ができる。

  ワンプッシュで遠くの被写体を1.4倍〜2倍の大きさで撮影できる「スマートテレコンバーター」機能を搭載。画質劣化を最小限に抑えて望遠効果が得られる。

 撮像素子は23.5×15.7mm (APS-Cサイズ) /原色フィルター付CCD。手ブレ補正はイメージセンサーシフト方式 。シャッター速度は1/4,000〜30秒/バルブ。連続撮影はファインダー使用時:最高約2.5コマ/秒/ライブビュー時:最高約2コマ/秒。撮影可能枚数はファインダー使用時で約730枚/ライブビュー時 約410枚。 ISOは100〜3200。記録メディアはコンパクトフラッシュカード TYPEI、II、/マイクロドライブ/メモリースティックデュオ/メモリースティックPROデュオ/メモリースティックPRO-HGデュオ。本体サイズは幅130.8×高さ98.5×奥行き74.7mm。重さは約582g。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top