富士フイルム、コンパクトデジタルカメラの春の低価格モデル | RBB TODAY

富士フイルム、コンパクトデジタルカメラの春の低価格モデル

IT・デジタル デジカメ

J50
  • J50
  • J10
 富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラの春の低価格モデル「FinePix J50」「同J10」を発表。2月下旬、3月中旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円、20,000円前後。

 J50は、37mm〜185mm光学5倍ズームレンズを搭載した有効画素数815万画素のコンパクトデジタルカメラ。2.7型の液晶モニターを採用している。

 高感度による高速シャッターで被写体ブレや手ブレを軽減する「ブレ軽減モード」を搭載。また、室内でもキレイに写真が撮れる「パーティーモード」などを含む14種類のシーンポジションを用意する。

●J50
撮像素子:1/2.5型 正方画素CCD
ディスプレイ:2.7型液晶
連続撮影:約3コマ/秒
シャッタースピード:1/1500〜4秒
レンズ:37mm〜185mm/F3.2(広角)〜F4.8(望遠)
記録メディア:xD-ピクチャーカード/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード 
バッテリーフル充電時撮影枚数:最大約150枚
インターフェース:USB2.0/ビデオ端子など
本体サイズ:幅95.6×高さ55.4×奥行き23mm
重さ:160g

 J10は、薄さ19mmのボディに有効画素数815万画素のCCDと3倍の光学ズームレンズを搭載。最高感度をISO1600まで設定可能で、手ブレ・被写体ブレに強く、光量が少ないシーンでの撮影にも適しているという。

 「夜景モード」やスポーツ撮影をサポートする「スポーツモード」などを含む14種類のシーンポジションを用意している。

●J10
撮像素子:1/2.5型 正方画素CCD
ディスプレイ:2.7型液晶
連続撮影:約3コマ/秒
シャッタースピード:1/2000〜8秒
レンズ:38mm〜113mm/F2.8(広角)〜F5.2(望遠)
記録メディア:xD-ピクチャーカード/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード 
バッテリーフル充電時撮影枚数:最大約150枚
インターフェース:USB2.0/ビデオ端子など
本体サイズ:幅91×高さ55×奥行き22mm
重さ:127g
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top