富士フイルム、リバーサルフィルムのような色を実現! 高倍率ズームのデジタルカメラ | RBB TODAY

富士フイルム、リバーサルフィルムのような色を実現! 高倍率ズームのデジタルカメラ

IT・デジタル デジカメ

S100FS
  • S100FS
  • S8100fd
 富士フイルムは24日、高倍率ズームのデジタルカメラ「FinePix S100FS」「同S8100fd」の2モデルを発表。2月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は100,000円、50,000円前後。

 S100FSは、有効画素数1,110万画素の「スーパーCCDハニカムVIII HR」と「リアルフォトエンジンIII」で、従来比約4倍のワイドダイナミックレンジを実現した高倍率ズームのデジタルカメラ。また、最高感度ISO10,000を実現し、高感度撮影時においても高解像度・低ノイズ化に成功したという。

 4種類の「フィルムシミュレーションモード」を搭載。色をより鮮やかに表現したいときに最適な「Velviaモード」、見た目どおりの自然な色再現を可能とした「PROVIAモード」、弱めのコントラストで落ち着いた発色の「ASTIAモード」、滑らかな階調を表現する「PORTRAITモード」を用意している。モードを撮影目的・意図に合わせて使い分けることで、カラーリバーサルフィルムやプロ用カラーネガフィルムのような色再現を楽しむことができ、ダイナミックで色鮮やかな写真表現が可能となっている。

 レンズは28mm〜400mmのフジノン光学式14.3倍ズーム。レンズシフト式手ブレ補正機能により、シャッタースピード約3段分に相当する手ブレを補正する。

●S100FS
撮像素子:2/3型 スーパーCCDハニカム HR 
ディスプレイ:2.5型液晶
連続撮影:約3コマ/秒
シャッタースピード:1/4000〜30秒
レンズ:28mm〜400mm/F2.8(広角)〜F5.3(望遠)
記録メディア:xD-ピクチャーカード/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード 
バッテリーフル充電時撮影枚数:最大約250枚
インターフェース:USB2.0/ビデオ端子など
本体サイズ:幅133.4×高さ93.6×奥行き150.4mm
重さ:968g

 S8100fdは、光学式18倍ズームレンズに加えて、高有効画素数1,000万画素のCCDを搭載している。「ズームアップ3枚撮り」や「ねらい撮りズーム」を装備。「ズームアップ3枚撮り」は一度シャッターを押すだけで撮影した画像を「等倍・1.4倍・2倍」の3段階で記録することができる。「ねらい撮りズーム」は望遠機能を使用した際に被写体をより追いやすくした機能だ。

 感度はISO6400まで設定可能。フル画素でもISO1600を実現し、「手ブレ補正機能(CCDシフト式)」との相乗効果で光量が不足しがちな室内や夕暮れ時などのシーンでの撮影に威力を発揮するという。

 そのほか、顔検出機能を搭載。カメラを被写体に向けるだけで最大10人の顔を一度に検出し、人物の顔にピントを合わせ、顔の明るさを自動調整する。

●S8100fd
撮像素子:1/2.3型 正方画素CCD 
ディスプレイ:2.5型液晶
連続撮影:約3コマ/秒
シャッタースピード:1/4000〜4秒
レンズ:27mm〜486mm/F2.8(広角)〜F4.5(望遠)
記録メディア:xD-ピクチャーカード/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード 
バッテリーフル充電時撮影枚数:最大約500枚
インターフェース:USB2.0/ビデオ端子など
本体サイズ:幅111.3×高さ78.2×奥行き79.3mm
重さ:405g 
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top