日立マクセル、タイムドメイン理論を採用したiPod用スピーカー | RBB TODAY

日立マクセル、タイムドメイン理論を採用したiPod用スピーカー

IT・デジタル その他

MXSP-4000.TD
  • MXSP-4000.TD
  • iPod接続例(iPodは別売)
 日立マクセルは、タイムドメイン理論を採用したiPod用スピーカー「MXSP-4000.TD」を1月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。

 同製品は、周波数領域に着目した従来のスピーカーと異なり、時間によって変化する音の波形を正しく再現することで、より原音に近い音の再生を目的とした「タイムドメイン(時間領域)理論」を採用する。スピーカー部はラグビーボールのような楕円形のデザインで、両サイドに44mm径フルレンジユニットを搭載。エンクロージャーを曲面形状とすることで、再生音が曲面に沿って自然に広がり、リスニングポイントを選ばず音楽を楽しむことができるという。また、スピーカー部とスタンド部の間に防振クッションを装備するほか、ユニット背面におもりを固定するなど、不要な振動を抑制し、音の波形が崩れるのを防止する仕様となっている。

 スタンド部にはクレードル型のiPod Dockを搭載。第4世代以降のiPodのほか、iPod touch/classic/nanoに対応しており、iPodの再生や充電が可能。付属のリモコンにより、再生/一時停止/サーチ/音量調整などの基本操作が行える。また、ステレオミニ端子を装備しており、iPod以外のオーディオプレーヤーの接続にも対応。MP3/AAC/WMAなどの圧縮音源の超高域・超低域に混じるノイズや音の歪みを抑制するという「COMFORTプレイモード」を搭載する。

 最大出力は5W×2ch。本体サイズは幅220×高さ240×奥行き170mmで、重さは870g。ACアダプタ、長さ約1mのステレオミニケーブルなどが付属。
《》

関連ニュース

特集

page top