【CES 2008 Vol.14】新型Eee PC? ではなく普通の新型PCだったASUS U2E | RBB TODAY

【CES 2008 Vol.14】新型Eee PC? ではなく普通の新型PCだったASUS U2E

IT・デジタル その他

本日の閉場まじかに商談スペースを急襲して、ASUS U2Eを見せてもらった。日本人的にはデザインも悪くない
  • 本日の閉場まじかに商談スペースを急襲して、ASUS U2Eを見せてもらった。日本人的にはデザインも悪くない
  • しかも2スピンドル機だ。この重量で光学ドライブを搭載しているのは一線級のスペックといえるだろう
  • OSはWindows Vistaが入っていた。デモ機は指紋認証ユーザーと通常ユーザーと二つ用意されていた
  • 液晶をアップで見るとメモリは1GB、CPUはU7500ということがわかる。Silverthorneではない。普通のスペックなので価格も通常のノート並
  • スペック表があるのになぜか隠して「ウェブサイトで見てくれ」といってがこの時点でスペック表はなかった。で、隠されたスペック表を見るとこんな感じだ。日本でも販売されている小型ノートU1Fの機能アップ版といえるだろう
 「CESにASUSが新型Eee PCを出すかも?」というという噂話を聞いたので、これを確認してみることにした。Eee PCは来月にも日本市場でデビューするという話のマシンで超低コスト($299〜)、軽量(920g)が特徴になっている。ただし、液晶が小さく(7inch:800×480)、SSDも少なめ(モデルにより2/4/8GB)、CPUパワーも低い(CeleronM)。筆者は先月Eee PCを買いに台湾に行った。新型は液晶が大きくなり、CPUも45nm Silverthorneという噂で大いに興味を引かれた。

 ラスベガスに到着してASUSサイトをチェックするとそれらしい製品がCESに出るとプレスリリースが出ている。機種名は「ASUS U2E」。リリースによれば2ポンドで、11インチLEDバックライト液晶、32GBのSSDを搭載しているという。これはすごそうだ。

 とはいうもののASUSの展示はいわゆる展示会場の展示ではなく、商談スペースの中に設けられているので予約を入れなければいけない。早速ウェブから予約依頼を入れ、すぐに「返事するから」の自動応対を見たので安心していたが返事が来ないのでスペースに急襲することにした。

 「U2Eを見せて欲しい」と依頼するとすぐに快諾されて、現物とお目見えした。2.87ポンド(1300g)で11インチLEDバックライト液晶(WXGA:1366×768)で、CPUはCore2Duo U7500、メモリ1GB。これは十分普通の軽量PCだ。光学ドライブと指紋センサーもついており、デモ機のOSはWindows Vista、1.8inchのHDDとスペック表には書かれている。え?HDD?? たしかに32GBではVistaを入れるのは苦しそうだ。

 とどめに価格を尋ねたところ、米国価格は$2199。対してEee PCは標準的な4GBモデルが$399。ということでEee PCとはまったく異なるわけで噂に振り回されたわけだ。ただ、最近のASUSでよくあるシャープなデザインであり、これは悪くない。実際ゲイツの基調講演でもASUSのノートパソコンが取り上げられており、MSブースでの「PCファッションショー」でもASUSのノートパソコンがステージに出ている。
《小林哲雄》

関連ニュース

特集

page top