顔を見つけてキレイに撮れる! 松下のハイビジョン対応ビデオカメラ | RBB TODAY

顔を見つけてキレイに撮れる! 松下のハイビジョン対応ビデオカメラ

IT・デジタル デジカメ

HDC-SD9
  • HDC-SD9
  • HDC-HS9
 松下電器産業は9日、顔を見つけてキレイに撮れる「おまかせ顔認識」搭載のハイビジョン対応ビデオカメラ「HDC-SD9」「HDC-HS9」の2モデルを発表。1月25日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は両モデルとも130,000円前後。

 両製品は、動画撮影時に人物の顔を検出し適切な補正を自動で行う「おまかせ顔認識」を搭載のハイビジョン対応ビデオカメラ。また、新世代システムLSI「新UniPhier(ユニフィエ)」により、MPEG-4 AVC/H.264の新コーデック技術の採用とLSIの集約を実現し、高画質とコンパクトデザインをさらに追及している。

 ビデオカメラの記録メディアにSDカードを採用することで本体約275gの小型化を実現したコンパクトタイプの「HDC-SD9」と、HDDにもSDカードにも記録できる長時間記録タイプの「HDC-HS9」を用意している。

 撮像素子は1/6型CCD 固体撮像素子で、有効画素は動画・静止画とも52万×3画素。 レンズは自動絞り10倍電動ズームで、F1.8〜2.8、動画・静止画とも42.9〜429.0mm。ディスプレイは2.7型ワイド液晶。本体サイズはHDC-SD9が幅65×高さ67×奥行き126mm、HDC-HS9が幅75×高さ74×奥行き126mm。重さは約275g、約390g。
《》

関連ニュース

特集

page top