NTT Comグループ、「OCN シアター」と「オンデマンドTV」をぷららへ事業譲渡 | RBB TODAY

NTT Comグループ、「OCN シアター」と「オンデマンドTV」をぷららへ事業譲渡

エンタープライズ その他

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は21日に、NTT ComグループのTV向け映像配信事業について、NTT Comが運営する「OCN シアター」、およびオン・デマンド・ティービーが運営する「オンデマンドTV」を、2008年3月1日にぷららネットワークスへ事業譲渡すると発表した。

 「OCN シアター」「オンデマンドTV」、さらにぷららが運営する「4th MEDIA」の3サービスをぷららが一元的に運営することで、事業の効率性向上を図るのが狙い。なお、オン・デマンド・ティービーは、2008年7月を目途に解散および清算の手続きを開始する予定。

 ユーザに対しては、2008年1月中旬に個別に通知されるが、現在各社で提供している映像配信サービスは、ぷららへの事業譲渡後も当面は現在のブランド、料金、サービス内容でそのまま継続して利用可能となる見込み。なお、ぷららでは、2008年3月を目途としたNTTグループの次世代ネットワーク(NGN:Next Generation Network)サービスの開始に合わせて、ハイビジョンによる高画質な多チャンネル放送サービスや、関係機関の再送信同意をいただいた上での地上デジタル放送IP再送信など、あらたなサービスを提供開始する予定とのこと。

 現行3サービスについても、最終的には2008年6月を目途に新サービスに一本化する方向で検討中だ。なお新サービスの開始に向けて、ぷららでは、NTT Com および伊藤忠商事を引受先とした第三者割当増資を今年度と来年度の2回に分けて行う予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top