デル、NASサーバを「PowerVault」ブランドに統合〜新ラインアップ「NF」「DP」も発表 | RBB TODAY

デル、NASサーバを「PowerVault」ブランドに統合〜新ラインアップ「NF」「DP」も発表

エンタープライズ その他

PowerVault DP
  • PowerVault DP
  • PowerVault NF
 デルは13日に、ストレージ製品「PowerVault(パワーボールト)」シリーズにおいて、従来「PowerEdge Storge Server」として提供していたエントリー〜ミドルレンジのNASモデルを統合し、あらたに「PowerVault」ブランドとして提供すると発表、販売を開始した。

 「PowerVault」ブランドは、PowerEdge Storage Serverを受け継ぎ、ファイルサーバでの用途を重視した「PowerVault NF」(Network File)シリーズと、Disk to Diskによるスピーディーかつ確実なバックアップの用途を重視した「PowerVault DP」(Data Protection)シリーズの2つのラインナップで構成される。今回あらたに販売を開始したのは「PowerVault NF600」「PowerVault NF500」「PowerVault NF100」「PowerVault DP600」「PowerVault DP500」「PowerVault DP100」の6製品。

 「PowerVault NF」シリーズは、オプションでiSCSIターゲットの設定ができるソフトウェアのバンドルが可能となっている。Windows環境下でのiSCSIの利用は新しい分野のため、ユーザーが小規模な環境や実稼動しているデータでの試用/テストを通じて、iSCSI環境の有用性を理解してもらい、本格導入・稼動に繋がることを狙いとしているとのこと。その他ホットスワップが可能なSASとSATA HDDを搭載し、最大10基/10TB(NF600)最大6基/6TB(NF500)、最大4基/4TB(NF100)の大容量を実現しており、ネットワークは、10Gイーサネットを標準装備する(NF100を除く)。また外付けのファイバチャンネルやiSCSIなどのネットワークストレージやDAS(Direct Attached Storage)、テープバックアップ製品と接続も可能となっている。OSには最新の「Microsoft Windows Storage Server 2003 R2 Express/Workgroup/ Standard/ Enterprise Edition」を採用する。

 「PowerVault DP」シリーズは、業界で初めて、Microsoft System Center Data Protection Manager 2007をプリインストールした状態で出荷され、設置後・電源を入れてから約15分で、ディスクバックアップを開始することができるというシンプル構造になっている。Active Directoryとの連携など、より使い勝手の良いバックアップやデータ管理の実現が可能なほか、Windows環境下でディザスタ・リカバリーのアプライアンスとしても機能を発揮できるバックアップソリューションが提供されている。Microsoft System Centerと連携することで、より管理を一元化することも可能だ。

 価格(税込)はPowerVault NF600が362,670円〜、PowerVault NF500が433,020円〜、PowerVault NF100が191,415円〜、PowerVault DP600が80万円前後〜、PowerVault DP500が80万円前後〜、PowerVault DP100が50万円前後〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top