OKI、クアッドコアXeon+Intel 3210も選択可能なエントリ向けタワー型/ラックマウント型サーバ | RBB TODAY

OKI、クアッドコアXeon+Intel 3210も選択可能なエントリ向けタワー型/ラックマウント型サーバ

エンタープライズ その他

if Server ML310 G5
  • if Server ML310 G5
  • if Server DL320 G5p
 沖電気工業は5日、「if Serverシリーズ」のエントリ向け新製品として、クアッドコアインテルXeonプロセッサを選択可能なタワー型「if Server ML310 G5」、およびラックマウント型「if Server DL320 G5p」を追加した。価格はそれぞれ10万9,200円から、9万4,500円から。出荷は12月中旬が予定されている。

 「if Server ML310 G4」の後継機種となるif Server ML310 G5は、従来からの機能をそのまま継承しながらもより高性能なインテル クアッドコア Xeon 3210(2.13GHz)、デュアルコア Xeon 3065(2.33GHz)、Celeron 420(1.6GHz)を1基、インテル 3210チップセット、および最大8GBまでのPC2-6400 ECC DDR2 SDRAMを採用したタワー型サーバ。冗長化電源を装備したモデルも用意されている。

 if Server DL320 G5pは1Uサイズながらも最大4基、最大容量1.5TBまでの3.5インチSASハードディスクドライブの内蔵が可能なラックマウント型サーバ。if Server ML310 G5と同様の管理機能も備える。

 また、サーバやネットワーク機器を監視する「DressUPCockpit」とサーバの構成状態を診断する「DressUP Analyzer EX」もオプションとして用意されている。

 同社では、if Serverシリーズ全体で年間5,000台の販売目標を設定している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top