OKI、Itanium 9100番台を搭載した基幹IAサーバ「OKITAC9000 RXシリーズ」 | RBB TODAY

OKI、Itanium 9100番台を搭載した基幹IAサーバ「OKITAC9000 RXシリーズ」

 沖電気工業は28日、基幹IAサーバ「OKITAC9000 RXシリーズ」の新製品として、インテル Itaniumプロセッサ 9100番台を搭載製品5モデルを発売した。出荷は12月上旬の予定だ。

エンタープライズ その他
OKITAC9000 RX2660
  • OKITAC9000 RX2660
 沖電気工業は28日、基幹IAサーバ「OKITAC9000 RXシリーズ」の新製品として、インテル Itaniumプロセッサ 9100番台を搭載製品5モデルを発売した。出荷は12月上旬の予定だ。

 今回発表されたのは、大規模データサーバ「RX8640]、「RX7640」、中規模データベースサーバ「RX6600」、エントリークラスアプリケーションサーバ「RX3600」、「RX2660」の5モデル。システムの負荷に合わせて消費電力を動的に変更するDBS機能を搭載したインテル Itaniumプロセッサ 9100番台を採用することにより、並列処理能力の最適化や大量のデータ処理に高い能力を発揮するほか、高信頼性機能、消費電力の低減、管理性の向上などにより、サーバの維持管理コストを削減する。

 リモート管理ツール「iLO2」を使用することで円問いサーバからハイエンドサーバまで統一されたリモート管理機能を実現した。また、オプションとしてシステム運用管理ツール「DressUP Cockpit」や、サーバの構成状態診断ツール「DressUP Analyzer EX」などが用意されている。

 同社では、OKITAC9000シリーズ全体で年間1,200台の売上を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top