マイクロソフト、3,200円のエルゴノミクスデザイン採用キーボード&マウスセット | RBB TODAY

マイクロソフト、3,200円のエルゴノミクスデザイン採用キーボード&マウスセット

IT・デジタル ノートPC

Microsoft Wired Desktop 500(キーボード、左からホワイト/ブラック)
  • Microsoft Wired Desktop 500(キーボード、左からホワイト/ブラック)
  • マウス(左からホワイト/ブラック)
 マイクロソフトは5日、エルゴノミクスデザインを採用するキーボードとマウスのセット「Microsoft Wired Desktop 500」を発表した。カラーはホワイトとブラックの2色を用意。価格は3,200円で、11月22日発売。

 今回発表された製品は、10個のホットキーを搭載するキーボードと、3ボタン仕様の光学式マウスをセットにしたもので、2005年4月に発売されたWired Desktop 500の後継機種。従来モデルからの変更点として、マウスのデザインをクリックボタンが分割されていない上部1枚張りのシンプルなデザインとしたほか、光学式センサーのスペックを強化。スキャン速度を1,500fpsから3,000fpsへ、解像度を400dpiから800dpiへと改良している。

 対応OSはキーボード/マウスともにWindows Vista/XP/2000。そのほかの仕様として、キーボードはインターフェースがPS/2で、本体サイズは幅413×高さ25×奥行き174mm、ケーブル長は1.5m。マウスはインターフェースがUSBおよびPS/2で、本体サイズは幅56×高さ37×奥行き111mm、ケーブル長は1.7m。
《》

関連ニュース

特集

page top