リコー、薄紙・厚紙など特殊用紙にプリントできるA3モノクロレーザープリンタ——毎分35枚 | RBB TODAY

リコー、薄紙・厚紙など特殊用紙にプリントできるA3モノクロレーザープリンタ——毎分35枚

 リコーは15日、A3モノクロレーザープリンタの新製品として、連続印刷速度が毎分35枚で、2段給紙トレイを標準装備した上位モデル「IPSiO(イプシオ) SP 6220」と、毎分28枚の1段給紙モデル「IPSiO SP 6210」を発表。ともに12月12日発売する。

IT・デジタル ノートPC
SP 6220
  • SP 6220
 リコーは15日、A3モノクロレーザープリンタの新製品として、連続印刷速度が毎分35枚(A4横送り)で、2段給紙トレイを標準装備した上位モデル「IPSiO(イプシオ) SP 6220」と、毎分28枚(A4横送り)の1段給紙モデル「IPSiO SP 6210」を発表。ともに12月12日発売する。価格は128,000円、89,800円。

 両製品は、2006年12月に発売した「IPSiO SP 6120」「IPSiO SP 6110」の後継モデルで、従来機に比べウォームアップタイムを大幅に短縮した。また、216g/m2(180kg)までの厚紙や不定形サイズの用紙、さらに圧着紙などの特殊用紙に対応できるため、一般オフィスはもちろん、自治体や医療機関、流通業など、さまざまな業種業務向けプリンタとしても使用できるという。

 SP 6120は、ネットワークプリンティングの大量出力にも対応する最大120万ページの高耐久・長寿命設計。SP 6110は最大60万ページ。また、標準でSSL(暗号化通信) によるセキュリティ印刷に対応。クライアントパソコンとプリンタ間の通信経路を暗号化することで、不正アクセスによる印刷データの盗み見を防止する。

 プリント解像度は1,200dpi。インターフェースはEthernet/USB2.0など。本体サイズと重さはSP 6120が幅478×高さ396×奥行き445mm、23.9kg。SP 6110が幅478×高さ334×奥行き437mm。
《》

関連ニュース

特集

page top