富士フイルム、スマホ連携型の店頭プリントサービス発表……データのWi-Fi送信や豊富な画像編集機能を搭載 | RBB TODAY

富士フイルム、スマホ連携型の店頭プリントサービス発表……データのWi-Fi送信や豊富な画像編集機能を搭載

ブロードバンド その他

宣伝部長松本考司氏とプロモーションキャラクターの広瀬すず
  • 宣伝部長松本考司氏とプロモーションキャラクターの広瀬すず
  • 会場に用意された試用端末。店頭ではこのようなタッチディスプレイが設置され、ユーザーが操作する形になる
  • イメージング事業部 統括マネージャーの種田進氏
  • 会場ではシャッフルプリントのデモムービーが再生された
  • 会場ではシャッフルプリントのデモムービーが再生された
  • 会場ではシャッフルプリントのデモムービーが再生された
  • プロモーションキャラクターには女優の広瀬すずを起用
  • 富士フイルムが”写プライズしよう。”をキーワードとした新プロモーションを展開
 富士フイルムは8日、都内で記者発表会を開催し、店頭プリント受付機向けの最新ソフトウェア「Wonder Print Station」を発表した。同日より、写真店や家電量販店などのプリントショップ向けに発売する。

 まず宣伝部長の松本考司氏より説明があり、これによると、富士フイルムでは昨年からフォトルネッサンス活動を開始。直営店を原宿にオープンしたほか、さまざまな新サービスを展開してきたという。

「弊社でアンケート調査を行ったところ、一人当たり平均446枚の写真がスマホに保存され、ユーザーの73%が写真をプリントしたいと考えていることが分かりました。その目的はというと、誰かへのプレゼントが7割を占めている。その一方で、最近ではサプライズという言葉をよく聞くようになったこともあり、写真を使ったサプライズを提供できないかと考えるようになりました」

 今後は「写プライズしよう。」を合言葉に、プリントサービスを提案していくという。会場で再生されたムービーでは、海外留学する友人のために卒業旅行の写真をコラージュしてプレゼントする。さらには、家族の写真をまとめたアルバムをお母さんに贈る様子が流された。

「写真はお金を出せばどこにでもあるものでなく、世界に一つだけのプレゼントになります。とはいえ、写真を選ぶ時間も無いし、手間もかかって大変という声もあった。そこで、弊社が提供しているサービスがシャッフルプリントです。たくさんの写真をコラージュして自動でレイアウト。オリジナルコメントを付けて印刷の準備が完成するまで、かかる時間はわずか10分程度なので、思いついたその日に贈り物として用意できます」

 富士フイルムでは同サービスについて、今年は前年比で3倍となる120万枚の提供を目指していくという。一方で、アルバムの作成については、「イヤーアルバム」というサービスが提案された。

「大量の写真の中から、同社独自のイメージオーガナイザーによって良いものだけをセレクト。それが自動でレイアウトされるので、カンタンにアルバムが作成できます」
《丸田》

関連ニュース

特集

page top