エプソン、寿命50,000時間以上の有機ELシステムを開発 | RBB TODAY

エプソン、寿命50,000時間以上の有機ELシステムを開発

IT・デジタル テレビ

同社は新システムを10月24日からパシフィコ横浜で開催されるディスプレイ技術の国際展示会「FPD International 2007」へ参考出展する予定
  • 同社は新システムを10月24日からパシフィコ横浜で開催されるディスプレイ技術の国際展示会「FPD International 2007」へ参考出展する予定
 セイコーエプソンは15日、従来から有機ELの課題とされてきた寿命の問題を改善させた有機ELシステムを開発したと発表した。同社は実用化に向けて小規模量産にも対応可能な開発製造ラインを稼動開始している。

 有機ELディスプレイは、自発光であるため高コントラスト・広視野角・高速応答という長所があり、次世代フラットパネルディスプレイとして注目されているが、実用化のためには寿命の改善などが技術課題として残されていた。これまで有機ELの製品寿命は約30,000時間とされてきたが、同社は発光材料の改善と独自の素子構造開発により、液晶パネル並みの約50,000時間以上という長寿命化を達成したとしている。
《》

関連ニュース

特集

page top