ヤマハ、コンパクトなワンボックススピーカーシステム——Bluetooth搭載モデルなど | RBB TODAY

ヤマハ、コンパクトなワンボックススピーカーシステム——Bluetooth搭載モデルなど

IT・デジタル その他

ブラックモデル
  • ブラックモデル
  • ホワイトモデル
  • レッドモデル
 ヤマハは13日、コンパクトボディのワンボックススピーカーシステム3製品を発表。Bluetooth搭載の「NX-B02」、USBバスパワータイプの「NX-U02」、ステレオミニ入力専用の「NX-A02」で、いずれも10月下旬発売。価格はオープン。カラーは3モデルともにブラック/ホワイト/レッドの3種類。

 3モデルともに、左右2組のスピーカーとパワーアンプを一体化したコンパクトサイズのワンボックススピーカーシステム。携帯電話やPC、デジタルオーディオプレーヤーなどと接続し、リビングや寝室などで手軽に使用できる。同社独自のSR-Bassを左右それぞれに装備した「ツインSR-Bass」方式を採用。新開発の4.5cm口径ドライバーや大容量キャビネットとも相まって、低音から高音までサイズを超えた迫力の高音質再生を実現するという。

 3モデル共通の仕様として、ダイナミックパワーは6W×2、瞬間最大出力は10W×2。周波数帯域は90Hz〜20kHz。本体サイズは幅84×高さ170×奥行き84mmで、重さは0.6kg。

 NX-B02は、Bluetooth機能を搭載。オーディオ再生規格のA2DPに対応するPCや携帯電話に収録されている音楽をワイヤレスで再生できる。Bluetooth規格はVer.2.0+EDRに対応。また、3.5mmステレオミニジャックによるアナログ音声入力も装備する。付属のACアダプタによる駆動のほか、単3形電池4本を使用したDC駆動にも対応する。予想実売価格は24,800円前後。

 NX-U02は、USB接続に対応。同社独自の技術「パワーストレージ回路」を採用し、USBバスパワー駆動ながら瞬間最大出力10W×2を実現している。USBケーブル1本の使用で、外部電源への配線が不要なため、PC周辺をすっきりと整頓できる。予想実売価格は18,800円前後。

 NX-A02は、3.5mmステレオミニジャックによるアナログ入力に対応。デジタルオーディオプレーヤーの音楽を手軽に再生できる。給電は付属のACアダプターを使用する。予想実売価格は18,800円前後。
《》

関連ニュース

特集

page top