SQL Server 2008は位置情報型データ、仮想化ライセンス対応——マイクロソフト | RBB TODAY

SQL Server 2008は位置情報型データ、仮想化ライセンス対応——マイクロソフト

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは9月4日に、データベース製品「Microsoft SQL Server」について、「エンタープライズ市場への取り組み強化」「BI(Business Intelligence)市場への取り組み強化」「新規市場の開拓」の三本を柱とした、日本市場向けの製品戦略を発表した。各種施策を通して、今後3年間で売上げ倍増を図る。

 なかでも「新規市場の開拓」においては、次期データベース製品「SQL Server 2008」で新規サポートされるGEOMETRY(立体情報)型およびGEOGRAPHY(平面情報)型により、SpatialデータとRDBの統合が可能になる。Virtual Earthのネイティブサポートとともあわせて、地図情報とBI機能などを有機的に組み合わせた、よりリッチな次世代の業務アプリケーションの構築が可能になるとしている。

 また、「SQL Server 2005」で採用された仮想化オペレーティングシステム上でもSQL Serverのインスタンスを実行できるライセンス ポリシーは「SQL Server 2008」でも適用されることも発表された。これにより、Enterprise Editionを利用するユーザなら、物理オペレーティングシステム上でソフトウェアを実行するのに必要な
ライセンスを購入することによって、追加のライセンスの購入は不必要となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top