ニコン、世界最小ボディのコンパクトデジカメ「COOLPIX S」シリーズ——世界最速の起動時間を実現 | RBB TODAY

ニコン、世界最小ボディのコンパクトデジカメ「COOLPIX S」シリーズ——世界最速の起動時間を実現

IT・デジタル デジカメ

COOLPIX S700
  • COOLPIX S700
  • COOLPIX S510(アーバンブラック)
  • COOLPIX S510(シルバー)
  • COOLPIX S510(ラズベリーレッド)
  • COOLPIX S51(グロスシルバー)
  • COOLPIX S51(ワインレッド)
  • COOLPIX S51(ビビッドピンク)
 ニコンは30日、スタイリッシュなボディを採用したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S」シリーズの新製品として、「COOLPIX S700」「COOLPIX S510」「COOLPIX S51」の3モデルを発表。価格はオープン。COOLPIX S700の予想実売価格は45,000円で、10月発売。COOLPIX S510の予想実売価格は35,000円で、9月21日発売。COOLPIX S51の予想実売価格は30,000円で、9月14日発売。

 3モデルは、スタイリッシュなデザインと機能性にこだわったCOOLPIX Sシリーズの新モデル。今回、COOLPIXシリーズ初となる有効1,210万画素のCOOLPIX S700、起動時間の高速化を実現したCOOLPIX S510、スリムな「Wave Surface Design」のボディを採用したCOOLPIX S51がラインアップに加わった。

●COOLPIX S700

 有効画素数はCOOLPIXシリーズ初となる1,210万画素。被写体ブレを抑制する高感度ISO3,200に対応し、「イメージセンサーシフト方式手ブレ補正機構」を備える。ボディは小型化を図り、1,200万画素クラスの光学式手ブレ補正搭載コンパクトデジタルカメラとしては世界最小を実現しているという。

 また、電源を入れてから液晶ディスプレイが点灯するまでの起動時間を0.9秒、シャッターボタンを押して実際にシャッターが切れるまでのレリーズタイムラグを約0.005秒に抑えている。シャッターチャンスを逃さない高速レスポンスを実現した。

 撮像素子は1/1.72型原色CCD。レンズは光学3倍ズームニッコールレンズで、5群7枚構成。焦点距離は35mm判換算で37〜111mm。開放F値はF2.8〜5.4。ディスプレイは23万画素の2.7型TFT液晶。記録媒体はSDメモリーカードで、本体に52MBのメモリを内蔵する。バッテリーはLi-ion リチャージャブルバッテリーで、フル充電時で約150枚の撮影が可能。本体サイズは幅89×高さ54×奥行き23mmで、重さは130g(バッテリー、SDメモリーカードは除く)。カラーはアーバンブラック。

●COOLPIX S510

 有効画素数は810万画素。シャッタースピード約3段分の補正効果がある「レンズシフト方式手ブレ補正機構」を搭載。ISO2,000までの高感度撮影に対応し、明るさに応じてISO64〜1,600の範囲で自動的に感度を変える「高感度モード」を備える。起動時間は0.7秒、レリーズタイムラグは0.005秒を実現。800万画素クラスの光学式手ブレ補正搭載コンパクトデジタルカメラとしては世界最速の起動時間、レリーズタイムラグだという。また、本体の小型化を図り、光学式手ブレ補正搭載のコンパクトデジタルカメラとしては世界最小を実現しているという。

 撮像素子は1/2.5型原色CCD。レンズは光学3倍ズームニッコールレンズで、5群5枚構成。焦点距離は35mm判換算で35〜105mm。開放F値はF2.8〜4.7。ディスプレイは23万画素の2.5型TFT液晶。記録媒体はSDメモリーカードで、本体に52MBのメモリを内蔵する。バッテリーはLi-ion リチャージャブルバッテリーで、フル充電時で約170枚の撮影が可能。本体サイズは幅88×高さ51×奥行き22mmで、重さは125g(バッテリー、SDメモリーカードは除く)。カラーはアーバンブラック/シルバー/ラズベリーレッドの3種類。

●COOLPIX S51

 有効画素数は810万画素。ISO1,600に対応し、レンズシフト方式手ブレ補正機構を搭載している。デザインとしては、スリムなWave Surface Designを採用。持ちやすさと操作性に配慮し、自然に手になじむ複合曲面フォルムのアルミ製フロントパネルを採用している。最大200枚の音楽付きスライドショーが楽しめる「Pictmotion」機能や、好きなタイミングで1枚ずつ撮影した画像で動画作成できる「ストップモーション機能」を搭載する。

 撮像素子は1/2.5型原色CCD。レンズは光学3倍ズームニッコールレンズで、9群12枚構成。焦点距離は35mm判換算で38〜114mm。開放F値はF3.3〜4.2。ディスプレイは23万画素の3型TFT液晶。記録媒体はSDメモリーカードで、本体に13MBのメモリを内蔵する。バッテリーはLi-ion リチャージャブルバッテリーで、フル充電時で約150枚の撮影が可能。本体サイズは幅92.5×高さ59×奥行き21mmで、重さは125g(バッテリー、SDメモリーカードは除く)。カラーはグロスシルバー/ワインレッド/ビビッドピンクの3種類。

※初出時において、COOLPIX S700の発売日を10月19日としておりましたが、変更になりました。
《》

関連ニュース

特集

page top