NEC、高速ロスレス自然画像圧縮技術を開発——ASIC化し金星探査にも応用 | RBB TODAY

NEC、高速ロスレス自然画像圧縮技術を開発——ASIC化し金星探査にも応用

エンタープライズ その他

 日本電気は25日、対象を写真・自然画像に限定して簡易かつ高精度な画素予測方式を取り入れることにより、従来の十倍〜数十倍の圧縮速度を実現したロスレス画像圧縮技術の開発に成功した。また、同技術が2010年から開始予定の宇宙航空研究開発機構の金星探査計画において衛星写真のロスレス画像圧縮方式として採用されることも明らかにされた。

 同技術は、ロスレス画像圧縮の国際標準規格、JPEG-LSやJPEG2000の可逆モードと同等の圧縮率を保ちながらもJPEG-LSの10倍以上、JPEG2000可逆モードの30倍以上高速な圧縮速度を実現したもの。新たに考案された画素予測方式は、サブサンプリングされた低解像度画像をもとに、符号化処理中の現解像度ですでに符号化が完了した画素値を低解像度の画素値と併用するため、より高精度な予測が可能な独自の階層的二次元内挿予測手法を使って高解像度画像を予測・符号化する。

 プログレッシブ符号化・復号が可能なほか、一般的な各色8bit階調から高精度な16bit階調までの自然画像にも対応する。また、自然画像のロスレス圧縮技術に特化した新アルゴリズムを開発することにより、JPEG-LSより約20%小型、およびJPEG2000可逆モードの1/10の回路規模で圧縮処理を実現できる。

 同社では、同技術はハードウェア回路としても有望であるため、将来の観測衛星での使用を目指してJAXAと共同でASIC化の研究を進めている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top