NEC、トラックに乗ったままで顔認証を行う出入国ゲート管理システムを香港に納入 | RBB TODAY

NEC、トラックに乗ったままで顔認証を行う出入国ゲート管理システムを香港に納入

エンタープライズ その他

 日本電気(NEC)は19日、出入国審査の際に自動車に乗車したまま顔認証を行い、自動的に登録者本人かどうかを識別する世界初の出入国ゲート管理システムを、香港入国管理局に納入し今月より稼動したと発表した。

 このシステムは、同社の顔認証製品「NeoFace」や、同技術を用いたeパスポートの実績をベースに開発されたものだという。7月に開通した「香港−深川」間の新道においてまず8ゲート分を稼動させ、今後は順次ゲート数を拡大し8月までに全40ゲートへと導入を進めていくとしている。

 このシステムで認証対象となるのは、香港に在住しIDカード(スマートカード)を有するドライバーで、今回のシステムではトラックドライバーが対象となっている。香港では、全住民のIDカード化が実現しており、個人の識別情報が登録されているほか、車ごとにドライバーを一対一で登録。このため、車のナンバーからドライバーが特定でき、トラックが出入国ゲートに進入時に車のナンバーを識別し、ドライバーが特定できるという。

 そして、ドライバーが今回導入されたシステムによる顔認証で本人だと確認されると、出入国審査業務が完了しゲートが開かれる仕組みとなっている。なお現在は、指紋認証システムが稼動しており、そのシステムと顔認証システムが併用されているという。

 さらに、今後はトラックに加え、5〜8人乗りの乗用車(ワゴン車)の搭乗者全員を認識する顔認証の導入が決定しているという。このシステムでは指紋認証システムとの併用ではなく、顔認証だけで出入国審査を行うことを目指しており、現在は開発ならびに実験が進められている状況だとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top