大泉洋のエッセイ「僕が綴った16年」が海外で翻訳デビュー! | RBB TODAY

大泉洋のエッセイ「僕が綴った16年」が海外で翻訳デビュー!

エンタメ その他

大泉洋のエッセイ「僕が綴った16年」が海外で翻訳デビュー!
  • 大泉洋のエッセイ「僕が綴った16年」が海外で翻訳デビュー!
  • 大泉洋のエッセイ「僕が綴った16年」が海外で翻訳デビュー!
  • 大泉洋のエッセイ「僕が綴った16年」が海外で翻訳デビュー!
 大泉洋執筆のエッセイ本『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』(KADOKAWA)が、2017年1月に台湾・香港・マカオで発売される。

 『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』は大泉洋本人が、北海道を拠点に活動していた1997年から、雑誌3誌で連載・執筆していた原稿に『水曜どうでしょう』などの秘話を加えた累計40万部突破のエッセイ。

 今回大泉のファンである台湾の編集者から、「大泉洋さんは何か特別なものを持っている人。彼の青春、仕事への情熱、何かを信じて自分や家族に向き合うこと、そういった彼の面白さが詰まったこのエッセイを広めたく、ぜひ自分の手でこの本を手掛けさせていただきたい」と手紙が届いたことから進展、翻訳版の発売となった。

 マンガ家・あだち充が描いた装画はそのままに、来年1月には海外の書店に並ぶ。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top