キヤノン、8.5型ワイド液晶タッチパネルを搭載したネットワーク対応ドキュメントスキャナ | RBB TODAY

キヤノン、8.5型ワイド液晶タッチパネルを搭載したネットワーク対応ドキュメントスキャナ

IT・デジタル ノートPC

ScanFront 220P
  • ScanFront 220P
  • ScanFront 220P(閉じた状態)
 キヤノンマーケティングジャパンは21日、大型タッチパネルと指紋認証を採用したオフィス向けネットワーク対応ドキュメントスキャナ「ScanFront 220P」を発表した。価格は260,400円で、7月下旬発売。

 同製品は、スキャンしたドキュメントをオフィス内のチーム単位で共有することを想定した卓上型ドキュメントスキャナ。筐体を給紙/排紙トレイを折りたためる省スペース仕様としたほか、8.5型ワイド液晶タッチパネル採用により、視認性および操作性の向上を図った。スキャンデータはJPEG/TIFF/PDFからファイル形式を選択でき、テキストOCR結果付きPDFや暗号化PDF、高圧縮PDFもサポートする。また、Ethernetを搭載し、スキャンしたデータを指定したアドレスに電子メールとして送信したり、各種の共有フォルダやFTPサーバーに保管することができる。セキュリティ機能として、指紋センサーを搭載しており、最大100名までのユーザー登録が可能。そのほか、パスワードによるユーザー認証にも対応する。

 インターフェースはEthernet、USB2.0×2、PS/2ポート×2で、光学解像度は600dpi。読み取り速度は、A4タテ/200dpi時で片面カラー9枚/分、片面モノクロ26枚/分。両面カラー9面/分、両面モノクロ35面/分。本体サイズは幅310×高さ158×奥行き234mm(給紙トレイ閉状態)で、重さは3.2kg。
《》

関連ニュース

特集

page top