キヤノン、コンパクトフォトプリンタ「SELPHY」に新モデル——赤外線通信対応でバッテリー搭載モデルも | RBB TODAY

キヤノン、コンパクトフォトプリンタ「SELPHY」に新モデル——赤外線通信対応でバッテリー搭載モデルも

IT・デジタル デジカメ
CP750
  • CP750
  • CP740
 キヤノンは17日、コンパクトフォトプリンタ「SELPHY」シリーズの新モデルを発表。「SELPHY CP750」「SELPHY CP740」の2モデルで6月上旬発売。価格はオープンで、予想実売価格はCP750が18,000円、CP740が13,800円。

 CP750、CP740は、昨年発売された「CP730」「CP720」の後継機種にあたる。カラー液晶ディスプレイの大型化が図られ、CP750は2.4型、CP740は2.0型に向上した。また、操作ボタン上の表記言語を日本語にするとともに、印刷設定などのユーザーインターフェースが見直されている。

 前モデルと同様、多彩な記録メディアに対応したスロットを搭載している。SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/miniSDカード/microSDカード/マルチメディアカード/コンパクトフラッシュ/メモリースティックなど19種類に対応。記録メディアを本体に挿して、ディスプレイに表示される画像をワンボタンでプリントが可能だ。また、ダイレクトプリントの標準規格「PictBridge」に対応。他社製の機種でもPictBridgeに対応するものなら本体と接続してダイレクトプリントができる。接続には、本体内蔵型の巻き取り式USBケーブル「くるくるケーブル」で行なう。

 プリント機能としては、ミニアルバムやハガキを作成する際に便利なフチなし印刷レイアウトなど、新たな設定が可能になったほか、赤目補正機能や画像のトリミング機能などを備える。用紙サイズはLサイズ/ポストカードサイズ/カードサイズ/ワイドサイズの4種類に対応。Lサイズの場合、1枚あたり約50秒の高速プリントが可能だ。

 CP750は、高速赤外線通信規格IrSimpleに対応。同規格に対応するカメラ付き携帯電話から赤外線通信を利用したワイヤレスプリント「プリントビーム」が可能だ。さらに屋外での利用を可能にするバッテリー機能を搭載する。本体サイズは2モデルとも幅179×高さ63×奥行き127.1mm。重さはCP750が960g、CP740が940g。
《》

特集

page top