2007年の世界携帯電話市場は通話のみの端末と高機能端末へ二極化〜米Forward Concepts調査 | RBB TODAY

2007年の世界携帯電話市場は通話のみの端末と高機能端末へ二極化〜米Forward Concepts調査

ブロードバンド その他

CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS'07: An In-Depth, Global Analysis of Cellphones, Chips & Subscribers
  • CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS'07: An In-Depth, Global Analysis of Cellphones, Chips & Subscribers
 米・Forward Conceptsは4日(米国時間)、世界の携帯電話市場と携帯電話向け組込チップの調査レポート「携帯電話と端末用チップ市場2007年:世界の携帯電話市場、チップ、加入者の詳細分析(原題:CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS'07: An In-Depth, Global Analysis of Cellphones, Chips & Subscribers)」のまとめを発表した。

 発表によると、2007年は欧州市場においてWCDMAがもっとも急速に成長するほか、業界の3Gへの期待感の大きさにもかかわらず、3Gネットワークがあまり普及していない地域ではWEDGEなどのEDGEが強い勢力を持つと予想されている。また、携帯電話内蔵のカメラは2メガピクセルに急速に移行している点も指摘された。

 音声通話のみの安価/超低価格帯携帯電話への需要は今後3年間も市場の大部分を占める一方、WLAN、Bluetooth、GPS、FMラジオ、モバイルテレビなどのマルチモード携帯電話市場の無線関連チップがめざましい発展を見せるとされる。米国ではQualcommのMediaFLOがモバイルテレビの初期市場を独占しているが、モバイルテレビの規格が世界で統一されていないために多標準対応のモバイルテレビ受信機向けチップセットへの需要も高まり、さらにはモバイルテレビの急速な需要の高まりによってHDTVアスペクト比のLCDディスプレイが急成長すると予想される。

 ただし、モバイルテレビ放送の登場にもかかわらず、3Gによるネットワーク上のビデオストリーミングは成長するとされた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top